★宇野
4月22日からの「瀬戸内国際芸術祭2013」作品の鑑賞について
べっち   2013年4月23日(火)
タグ:, , , , , , , , , , , ,

 

 

4月21日(日)に春会期が終了した「瀬戸内国際芸術祭2013」。

次の夏会期は7月20日から始まります。

 

夏季会期開始までの期間は、

芸術祭会期外となるため 鑑賞できる作品の内容、各会場の開館時間、

航路やバスの運行ダイヤも会期中とは一部異なりますので、

ご来場の際は十分にご確認ください。

 

詳細は、「瀬戸内国際芸術祭2013」公式HPをご覧ください。

 

春会期と夏会期との間(4月22日〜7月19日)に鑑賞いただける作品一覧 (PDFファイル)
春会期と夏会期との間(4月22日〜7月19日)の航路とダイヤ  (PDFファイル)

※PDFファイルをご覧いただくには、[Adobe Reader]が必要です。
ダウンロードはコチラから⇒http://get.adobe.com/jp/reader/

 

 

なお、小豆島では、4月22日からも引き続き、作品をお楽しみいただけるそうです。

 (一部、展示していない作品もあり)

作品鑑賞料等、詳細は、「小豆島観光協会 小豆島旅ナビ」のHPをご覧ください。

 

 


【宇野】から世界へ!瀬戸内国際芸術祭 開幕!
あゆ   2013年3月22日(金)
タグ:, , , , , ,

サワラ隊 あゆです☆

 

3月20日(水)に開幕した、瀬戸内国際芸術祭2013!

今回から、会場に仲間入りした宇野港に行ってきました!

 

この日はあいにくの雨でしたが、宇野でも華々しくオープニングセレモニーが催されました。

今回の芸術祭から、宇野港も正式会場に加わったということで、

岡山側から生まれる、アートや人との出会いに期待を寄せるコメントが多く寄せられました。

 

今回の芸術祭における、宇野港周辺のテーマは、『音と写真のまちnotes

そして、岡山方面から訪れる人が、最初に目にするアートがこれ!

写真家・アラーキーこと 荒木経惟さんによる、『アラーキー列車』です。

これに乗って 港へ向かえば、気分も高まりますよね!

 

宇野港のすぐ目の前に建てられた、インフォメーションセンターの屋根は音の波形を表しています。

インフォメーションセンターでは、リアルタイムに島々の様子や航路のご案内、

宇野周辺のアート・食事処の情報のほか、雨の日には近くのコンビニの傘の在庫まで教えてくれますよ。

グッズやパスポートの販売もしているので、ぜひ一度、立ち寄ってみてくださいね!

 

そして、インフォメーションセンター以外にも、宇野を案内してくれるのがこの人たち!

のんびりとした表情のチヌが描かれた、紺色のTシャツが目印!

玉野市にお住まいの方を中心に約100名で結成された、『たまの☆おもてなし隊』のみなさんです!

 

宇野周辺を案内したり、日祝には出船・入船を盛り上げたり‥。

宇野を訪れる方々を、気持ちよくお迎え、お見送りしようと、芸術祭を機に立ち上がったそう。

芸術祭を盛り上げたい!楽しんでもらいたい!

そんな気持ちが伝わってきましたよ!

 

海は、『隔てるもの』ではなく、『つなぐもの』。

宇野・高松港から、世界とつながる、瀬戸内国際芸術祭をぜひ楽しんでほしいなと思います。

 

岡山方面から、芸術祭へ来場予定の方は、ぜひ宇野のやさしさに触れてくださいねconfidentheart04

さりげなく、まちに溶け込んでいる アートにも注目です☆

 

宇野港インフォメーションセンター

時間:8:00~18:30

定休日:なし(秋会期が終了するまで)

お問い合わせ:0863-31-8880

 

たまの☆おもてなし隊についてのお問い合わせ

0863-33-5005(玉野市商工観光課)


【宇野】芸術祭を支えるひとびと
あゆ   2013年3月14日(木)
タグ:, , , ,

サワラ隊 あゆです☆

 

先日、宇野のチヌのお色直しを見に行ってきたのですが・・

ひとつのアート作品をとっても、本当に多くの方の協力と気持ちがこもっているんだなぁ‥

ということを感じたので、そちらもご紹介したいと思います!

 

 ゴミをテーマに作品を生み出し続ける、『淀川テクニック』。

特に『エコ』を意識したことはないそうですが、大量のゴミでつくられた作品は、

見る人の心に訴えかけるものが確かにあります。

 

誰かに必要とされていたときもあったものが、不要になるというのは切ないですが、

 それがまた、アートとして、意味を持ったものになるというのが、作品づくりの醍醐味のひとつです。

ゴミを集めたり、制作する中で、興味を持って立ち止まってくれた人がアイディアをくれたり、

 仲良くなったりすることで、“ゴミニケーション”が生まれて行くのも楽しみなんです。

と、淀川テクニックの柴田さんはおっしゃっていましたが、

“ゴミを介したコミュニケーション=ゴミニケーション”が、宇野でも生まれていました。

 

こちらの男性は、宇野にお住いの森寺さん。

みんなから、テラさんと呼ばれて頼りにされています。

この日、様子を見に来ていた、こえび隊 斉藤さんいわく、テラさんは『第三の淀川テクニック』。

※淀川テクニックは、二人組のユニット。

 

今回は、宇野が芸術祭の正式な会場になったから、注目してくれる人も増えると思うし、

 地元を盛り上げる手伝いがしたいだけ。

新しいやり方を提案したり、お手伝いのこえび隊さんたちをさりげなくフォローしたり。。

現場のみんなのお父さんは、あちこちに目を配りながら、にこにこと作業を進めていました。

テラさん「それやったら、うちに道具があるけど持ってこようか?」

柴田さん「うわー!助かります!」というような会話も何度か聞かれましたdelicious

 

そして、この日、お手伝いに来ていたこえび隊さんは3人。

岡山から参加の西村さんと高橋さん、そして、加藤さんはなんと岐阜県から参加しています!

 加藤さん「以前、瀬戸内を訪れたときから芸術祭のことは気になっていて。また瀬戸内に来たかったのと、

       ずっと残る作品の手伝いはなかなかできることではないと思って、記念に来ました。

 

西村さんは、2010年のチヌの制作にもこえび隊として参加したそう。

前に参加したときもとても楽しくて、今回もすぐ申し込んだんです。

 3年前のことを思い出しながら、今日もお手伝いしています。

 これから、ますますたくさんの人に長く愛される作品になってほしい。

3年前のゴミニケーションから始まった想いが、今も西村さんの中で続いています。

 

他の場所でも、完成までの間に、作品ごとに様々なコミュニケーションがあったと思います。

アート作品や景色を楽しむだけでなく、

ぜひ、その中にある、人や地域の想いを感じにきてほしいなと思います。

 

本当にたくさんの人に支えられて、瀬戸内国際芸術祭はまもなく開幕を迎えますship