・宿泊情報
【粟島】アートとともに島の歴史も感じて欲しい
べっち   2013年9月21日(土)
タグ:, , , , ,

9月21日(土)の「島っていいね」では、

「瀬戸内国際芸術祭2013」 秋会期(10/5— 11/4)の舞台の1つである粟島の話題をお届けしました。

 

粟島には、島の有志たちによって明治30年に設立された日本初の船乗り養成学校

「国立粟島海員学校」があったのですが、

昭和62年に廃校となり、現在は、「粟島海洋記念公園」として、

多目的広場、テニスコート、宿泊施設「ル・ポール粟島」などの施設が整備されています。

※粟島 竹内商店様より画像をお借りしました。

 

そして、大正9年に建てられた洋風校舎は、

そのままの形で粟島海洋記念館となっており、粟島の名所の一つとなっています。

 

今回、番組に出演いただいた 香川県丸亀市在住の建築家多田 善昭さんは、

この「国立粟島海員学校」の保存調査や「ル・ポール粟島」の設計をされたということで、

いろいろとお話をお伺いました。

 

『国立粟島海員学校の校舎は、当時の建物の象徴的なデザインとなっており、

これは後々、文化遺産になるに違いないと思い、これを残すことを前提に設計しました。

この海員学校があった場所は、風災害の影響が少ない、粟島でも一等地。

島の方々は、その地を与え、自分たちはその周辺で暮らし、

学校に通う子供たちを自分の家族のように、見守りながら育てたそうです。

建物を見ながら、そんな島の歴史にも思いをはせてもらえればと思います。』と、多田さん。

 

島中が、これからの担い手になる子供たちを育てた歴史のある粟島。

この秋、アートとともに 海の男たちを育てた あたたかい島の方たちに会いに粟島を訪れてみてください。

 

 

ル・ポール粟島 

〒769-1108 香川県三豊市詫間町粟島1418-2 / 電話:0875-84-7878 

 

 


【男木島】泊まれるだけじゃない!男木島の民泊
rsk   2013年9月4日(水)
タグ:, , ,

男木島 の港の目の前にある民宿  「まりも荘」 を ご存知でしょうか!

 

 

 

 

 この素敵な笑顔を見せてくれているのは、ここ 「まりも荘」 を切り盛りされている女将 山道 一美(やまみち・かずみ) さん。

8月31日(土) の 「島っていいね!」 のコーナーで、電話出演をしていただきました。

 

 

 1 階がお食事処で、2 階が宿泊施設になっています  

 

 

以前は、山道さんのおばあさん(御年 104歳)が民宿をしていて、一旦は休業していたのですが

前回の瀬戸内国際芸術祭では、男木島に泊まる宿が足りないということで

2013年の3月に、大規模なリフォームを施し、今回の瀬戸芸に間に合うように、民宿を再開させました。

 

 

 

なんということでしょ~♪

築100年以上経った 古民家 もこんなにきれいにリフォーム!! 

 

 

 

 

 

そして、「民宿 まりも荘」 では、ここでしかできない体験コーナーもあります!

 

 

≪体験メニュー≫

 【Aコース】 調理体験 「朝食や夕食を民宿のお母さんと一緒に作る」

夕食のみ 1000円 / 人

朝食のみ  500円 / 人

夕、朝食  1200円 / 人

 

【Bコース】 収穫・農作業体験 「野菜や果物の収穫体験を行う」

1500円 / 人~

※ Aコースを選んでいる人は、調理に必要な野菜などの収穫を無料でもらえる

 

【Cコース】 タコ飯作り 「島の郷土料理 “タコ飯” を作る」

2000円 / 人

※ 島の漁協女性部と協力中です。希望者は紹介してもらえます。

 

【クルージング】

2000円 / 人

※島の漁師さんと協力。希望者は紹介してもらえます。

 

 

 

「タコ飯」はやはり、人気だそうで、男木島の家庭の味を楽しめます。

レシピも教えてもらえるかも!

 

 

 「中庭」は、宿泊客の憩いの広場

 

北海道から沖縄まで日本全国、また世界の国からも利用客がいるようです。

山道さん曰く、利用客から後日、手紙やはがきが来るのがとてもうれしいとのこと。

 

見た目は古民家なので、島に一つ、帰るふるさとができた気分になることでしょう。

ついつい「ただいま!」と、言いたくなるような民宿です。

 

 

 

民宿 まりも荘

 

営業日 基本的には通年(不定休)

      (お食事処は、火・水・木 が 定休日)

料金   全室1泊素泊まり 3000円 / 人

      ※小学生以下のお子様 2000円 / 人

 

■予約方法

男木島 の情報が掲載されている 「男木 de あそび隊」 HPから予約できます。

http://www.ogijima.jp/

※ または、検索サイトで 「男木 de あそひ隊」 と入力して検索してください。 


【伊吹島】漁師町ならではの食事が楽しめる旅館
べっち   2013年3月15日(金)
タグ:, , , , , ,

 

ハマチ隊 べっちです。

 

伊吹島の玄関港、真浦港から徒歩3分のところにあるのが、

創業101年の老舗旅館『春日旅館』」です。

 

客室を見て、まず驚いたのが・・・

 

 

「ん!?! 鮪??鯛?!」  さすが漁師町、お部屋の名前もお魚デスpisces

★宿泊:1泊2食付 お1人様 7500円~ 

 

そして、なんといってもオススメは、

夕食で出される魚づくしの“海賊焼き(4500円~)です。

漁師町でとれる新鮮な海の幸がいっぱい!!

春は、さざえ、さより、アナゴ、イカなどなど・・・

 

伊吹島には食事ができる場所が少ないため、

宿泊者以外の方にもお料理を提供してくれます。(事前予約要!)

 

(昼食) おまかせ定食 600円 

 ※魚が手に入らない時は、別メニューになります。

 

『冬場は漁獲量が減るから、お昼は魚が出せない時もあるんよ。でも、3月中旬から春の漁がはじまるから、これからいろんな魚が手に入るようになるんよ春は、鯛、サヨリ、カワハギ・・・。私も、選ぶ楽しみがあるから、料理も楽しいんよ。』と、女将さん。

 

「瀬戸内国際芸術祭2013」で 伊吹島が舞台となる夏期(7月20日~)には、

お昼の定食はお休みして、一日50食限定のお弁当を出す予定。

 

お弁当は、島でとれた魚(夏の魚:鰯・カマス・スズキ)がメイン。

それに、イリコ漁が盛んな時期(6月~9月)にしか出せない“イリコの釜揚げ”を入れてくれるそうです。

イリコの釜揚げ”は、本当に美味しいですよーー!!

 

「ほんま何もない島なんよ。だからのんびりできるんやろね。それが “伊吹島の魅力”。

でも、イリコ漁がはじまる頃も好きかな~。いつもは静かやのに、その時期は島全体が活気に溢れてるんよ!

漁に出る船を見送るとテンションがあがるしね~。」と、女将さん。

 

伊吹島は、いつ訪れても魅力がいっぱいです。

是非、伊吹島にいらしてくださいね♪

 

 

◆春日旅館

住所:香川県観音寺市伊吹町5-2
電話:0875-29-2416

営業時間:12:00~(宿泊者以外の方) ※食事は、必ず事前予約を!

定休日:不定休