♪せとトーク
【大島】やさしい心を持って島へ・・・
べっち   2013年3月30日(土)
タグ:, , , , , , , ,

ハマチ隊 べっちです。

 

3月30日(土)の「せとトーク」は、高松市庵治町にある大島で活動をしている

「やさしい美術プロジェクト」ディレクター 高橋 伸行さんにお話を伺いました。

 

「やさしい美術プロジェクト」は、前回の芸術祭から参加しており、

大島にある「国立ハンセン病療養所 大島青松園」で入所者の方々と交流を深めながら活動をしています。

 

プロジェクトでは、入所者が暮らしてきた建物に{つながりの家}資料展示室を開設。

また、{つながりの家}カフェ・シヨルでは、大島でとれた新鮮な野菜や果物をふんだんに使った料理が味わえます。

写真左から、カフェ・シヨルの井木さん、泉さん、そして、RSKアナウンサー えみっち

 

「瀬戸内国際芸術祭2013」では、入所者だった故 鳥栖喬(とりす たかし)氏の写真作品の鑑賞と

大島の歴史を感じてもらうため、かつて使用していた和船を展示した {つながりの家}海のこだまを新たに公開しています。

3月初旬、制作中の高橋さん

 

砂に埋もれ 忘れ去られた この舟は、

展示スペースの床下を堀り、まるで浮遊しているかのように展示されています。


 下から見上げると、舟は今にもどこかに漕ぎ出して行きそうな感じが・・・

 

舟を展示することによって、記憶の奥底にあったことを思い出し、

ぽつぽつとお話をしてくれる入所者の方もいるそう。

 

「大島で暮らす入所者の皆さんが、ここで生き抜いてきたこと自体が島の表現だと思います。私が大島で何かをつくるよりは、むしろ島の中にある“生きた証”を多くの方に見てもらうことに意義があると思います。」と、高橋さん。

 

大島は、ハンセン病患者として強制隔離された悲しい歴史のある島。

入所者さんの苦しみをそのまま体験することはできませんが、入所者さんの思い(苦しさ・悲しさ・喜び)を

自分のことのように感じられる“やさしさ”を持って、入居者さんとふれあいながら大島の自然も感じてみてください。

そうしたら、今まで見えなかった何かが見えてくるかもしれませんよ。。。

 風の舞                                  春は桜も美しい大島

 

◆大島へのアクセス

芸術祭会期中は、高松市サンポートにある高松港旅客ターミナルビル1階「総合インフォメーションセンター」で発行される乗船整理券が必要となります。

高松発|09:10 11:00 13:55
大島発|10:30 13:25 16:15

 

◆カフェ・シヨルの営業日(春会期のみ掲載)

・通常営業(ランチ・スイーツ・ドリンク)
3月30(土)、31(日)、4月1日(月)
4月20日(土)、21日(日)

・限定営業(一部のドリンクメニューと本日のスイーツのみ)
4月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)

※どちらも営業時間は変わらず。10:00-15:00(ランチは11:00~ なくなり次第終了)


はじまりました!「瀬戸内国際芸術祭2013」 島ミニ☆リポート
べっち   2013年3月24日(日)
タグ:, , , , , , ,

ハマチ隊 べっちです。

 

3月23日の「せとト-ク」は、

「瀬戸内国際芸術祭2013」の開幕直後ということで、

賑わう島の様子やみどころを島の方々にミニ☆リポートしていただきました。

 

アートの島 直島からは、直島女文楽代表の成田 和栄さんにお話を伺いました。

 

「3月30日(土)、31日(日)に、本村八幡神社の境内で「鎮守の社~古の舞」を公演するので見に来てくださいね。」

と、成田さん。

 

「直島女文楽」は、 日本で唯一の女性だけの文楽一座で、

香川県の無形民俗文化財にも指定されています。

動くアート、魅せるアート“直島女文楽”を、この機会に見に行ってみてはいかがでしょう。

 

◆「鎮守の社~古の舞」

日時:3/30(土) 13:00・16:00 、3/31(日) 13:00(3回公演)
場所:本村八幡神社 ※ 雨天の場合は、直島総合福祉センター劇場ホールにて開催
演目:「三番叟(さんばそう)」、「壺坂観音霊験記(つぼさかかんのんれいげんき)山の段」

※詳細はコチラ⇒ http://setouchi-artfest.jp/calendar/event/1225/2013-03/30

 

つづいて、女木島からは、

女木コミュニティーセンター センター長の 柳 信三さんにお話を伺いました。

「前回よりもアート作品が増えたので 見どころも満載です。アートはもちろんですが、女木島の春と言えば“”。

島には2千本以上の桜があるんですよ。島の桜の開花はちょっと遅めなので、4月上旬が見ごろになります。

是非、女木島にいらしてください。」

 

住吉神社から鬼ヶ島大洞窟までの道のりは、桜のアーチが続きます♪

シャトルバスもありますが、この季節は桜を愛でながら ゆっくり歩いてみては?

タイミングが合えば、こんな景色が出迎えてくれます。

2012年4月撮影

 

 

対岸の高松、屋島も一望できる鷲ヶ峰展望台 (2012年4月撮影)

 

そして、最後は豊島から。

豊島観光協会の濱田 修二さんにお話を伺いました。

 

「自然を感じながら自転車を走らせるにはイイ季節になりました。豊島を訪れた方には、アートはもちろん 豊かな自然を満喫して欲しいですね。空と海と棚田の風景、そして、壇山からの景色は最高ですよ!」

自転車は、家浦港おりてすぐ「豊島観光協会」でレンタルできます。

 

唐櫃地区の棚田(2012年8月撮影)

 

壇山の頂上。多島美が楽しめます。 (2012年8月撮影)

 

季節ごとに表情が変わる島の景色を楽しむのも 島旅の醍醐味!

気候の良いこの季節、ゆっくりと島巡りしてみてくださいね。

 


【粟島】継承される伝統 「百々手祭り」について
べっち   2013年3月2日(土)
タグ:, , , , , , ,

ハマチ隊 べっちです。

 

3月2日(土)の「せととーく」は、

明日、3月3日(日)に催される 「百々手祭り(ももてまつり)」について、

「粟島ももて祭保存会」代表の中西 敏文さんと、竹内 光徳(みつのり)さんにお話を伺いました。

中西 敏文さん                              

 

「百々手祭」は、香川県も西讃地区(三豊市・観音寺市など)を中心に行われる弓行事で、

島内安泰・豊作・豊漁祈願・海上安全、また、厄落としの目的で弓を射り、魔を退散させる祭りです。

 

「粟島ももて祭保存会」は、昭和35年1月に結成。昭和37年4月に香川県無形文化財に指定され、

平成24年度の香川県教育文化財功労者として表彰された伝統のある保存会です。

「百々手祭り」は、粟島神社で行われる。

 

粟島では、12人のお射手(おいて)さんが、島民の願いが書かれた扇子を射抜くのですが、

その数、なんと1008本!一人あたり84本の弓を射るそうです。

 

「粟島でも高齢化が進んでおり、お射手さんになる人たちは、60歳以上。最高年齢は83歳の方が弓を引きます。

でも、粟島は昔から弓道が盛んな所だったので有段者が多いですし、普段から熱心に練習をしているので、

まったく問題ありません。皆さんの願いを成就させるために、バシッと射抜きます。」 と、中西さん。 

んーー!心強いお言葉!

本番を控え、練習にも熱が入ります。

 

また、3月20日(月・祝)には、「瀬戸内国際芸術祭2013」の開幕に合わせて「百々手」を開催。

 

「粟島の会期は秋ですが、わたしたちも、オープニングを盛り上げたいと思って。

当日は、瀬戸内 国際芸術祭2013に参加する全12島の成功を祈願して、

バシーーッと扇子を射抜きますので、ご期待ください!」と、武内さん。

これを機に、島と島との交流が深くなるといいですね。

武内 光徳さん

 

「百々手祭」では、お射手(おいて)さんは男性と決まっているのですが、

3月20日(月・祝)はイベントということで、着物にたすきがけの女性も参加して弓を射ますので必見です!

粟島産の焼き牡蛎のお接待もあるそうなので、みなさん粟島に来てくださいね。

 

☆3月20日(月・祝)のイベントは、13時半から開始予定。

須田港12:35発⇒粟島12:50着に乗れば間に合いますが、駐車場が少ないのでお早めにいらしてください。

 

粟島汽船時刻表