・お知らせ
【瀬戸内国際芸術祭2016】 島島ラジオからのごあいさつ
admin   2016年3月1日(火)
タグ:,

3月20日から始まる「瀬戸内国際芸術祭2016」とともに、「島島ラジオ」が帰ってきました!!

2010年に初めて開かれた「瀬戸内国際芸術祭」でデビューした「島島ラジオ」は、RNC西日本放送ラジオとRSK山陽放送ラジオが初のタッグを組んだ共同制作番組。
ユニークな取り組みとして、全国的に話題を呼びました。その後も、アートの舞台となる島の魅力を発信し続け、2013年の芸術祭の成功に貢献。
3年ぶりに開催される今回の芸術祭でも、アートの魅力、島の魅力、瀬戸内海の魅力を発信していきます!

香川と岡山の間に広がる穏やかな瀬戸の海と大小さまざまの島々は、他に類を見ない独自の美しさと優しさに満ちています。
海と島が織り成す風景と、ゆっくり流れる“島時間”、そして優しさあふれる島の人々―。
アーティストたちは、そんな時間と空間に触発されて素晴らしい作品を生み出し、訪れる人もまた、「瀬戸内国際芸術祭」だけが持つ魅力に夢中になります。

今回も「島島ラジオ」は、アートと自然と人が作り出す芸術祭の魅力を、番組とホームページを通して伝えていきます。
放送期間は、3月5日(土)~11月5日(土)の8ヶ月間。
春・夏・秋の各会期中はもちろんのこと、会期と会期の間も地元放送局ならではのとっておき情報をおおくりしていきます。

放送は、毎週土曜日の午前11時10分~11時30分。
RNC西日本放送ラジオ(1449kHz)とRSK山陽放送ラジオ(1494kHz)で同時生放送です。
また、スマホで、パソコンで、radiko.jpプレミアムのRSKラジオ「島島ラジオ」を全国で聴くことができます。
香川・岡山以外の方も、ぜひ生放送をお楽しみください!

 

【これからの放送予定】

■3月5日(土)

  • 島島インタビュー
    「瀬戸内国際芸術祭 入門編」
    瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局 今瀧哲之さん
  • 島島インフォメーション
    ボランティアサポーター「こえび隊」 スタッフ募集のお知らせ!

 

■3月12日(土)

  • 島島インタビュー
    作品制作現場から中継
    小豆島からワン・ウェンチーさんにインタビュー
  • 島島インフォメーション
    パスポート前売り終了間近!

 

■3月19日(土)

  • 島島インタビュー
    明日、いよいよ開幕!! 紗弥島会場の坂出市・綾 宏市長に聞く
  • 島島インフォメーション
    オープニングセレモニー情報

 

■3月26日(土)

  • 島島インタビュー
    芸術祭をもっと楽しもう! 坂出アートプロジェクト開催中
  • 島島インフォメーション
    直島、宇野港イベント情報

島の力をかりながら、朗読劇を・・・
べっち   2013年11月2日(土)
タグ:, , ,

11月2日(土)の「島っていいね」は、

女木島で、“鬼伝説”をテーマにしたオリジナル作品の朗読劇を行なっている

高松市出身で うどん県副知事を務める女優・木内 晶子さんのインタビューをお届けしました。

 

今回の朗読劇は木内さんの原作で、

鬼が出てくるお話なのですが、親子で楽しんでもらえる作品になっているそう。

 

そして、朗読劇は、初挑戦!

最初は、言葉だけで伝えることの難しさにとまどったそうですが、

島の雰囲気・そして島の方の優しさに勇気づけられて、今は楽しく演じているそうです。

鬼ヶ島大洞窟

 

「朗読劇をとおして、地元香川、そして、女木島の魅力をもっと知って欲しい。」と、木内さん。

今年最後の公演は、11月23日(土)、24日(日)に開催されます。

 

親子で楽しめる内容となっておりますので、是非、ご家族で女木島に訪れてみてください。

 

◆女木島 朗読劇 鬼の秘宝

~ 新作「鬼とクリスマス」&木内晶子ミニライブ ~

 

開催日:11月23日(土)、24日(日)

開演時間:各13時20分/15時20分 の2回公演。

会 場:鬼ケ島(女木島) おにの館

入場料:800円(中学生以下無料)
 

◆お問い合せ
(公財)高松観光コンベンション・ビューロー 

電話:087-822-7060 朗読劇係まで。

 


【島っていいね】豊島の唐櫃公堂で公演 「音の絵本」
rsk   2013年8月22日(木)
タグ:, , ,

 

「それからしばらくたって よだかははっきりまなこをひらきました。

そして自分のからだがいま燐の火のような青い美しい光になって、しずかに燃えているのを見ました。

すぐとなりは、カシオピア座でした。天の川の青じろいひかりが、すぐうしろになっていました。

そしてよだかの星は燃えつづけました。いつまでもいつまでも燃えつづけました。

今でもまだ燃えています。」 (よだかの星/宮沢賢治 ..より抜粋)

 

 

 

 

8月17日(土)の「島っていいね」では、豊島の唐櫃公堂で開かれる

朗読と音楽のコンサート 「音の絵本Ⅱ よだかの星」 「音の絵本Ⅵ 注文の多い料理店」について、

こえび隊事務局 イベント班 小野 公未佳 さんに 伺いました。

 

 

音の絵本

朗読と音楽によるコンサート。

2002年に初演されたオペラ公演を通じて、作曲家の 新倉 健 さんと、チェリストの 須々木 竜紀さんがはじめました。

 子ども連れの家族も楽しめる演目だそう。

 

今回の 「音の絵本Ⅱ よだかの星」 「音の絵本Ⅵ 注文の多い料理店」 では

鳥取県鹿野町の廃校になった小学校を劇場にして演劇活動している「鳥の劇場」という劇団から

看板女優の 中川 玲奈 さん、同じく看板俳優の 斉藤 頼陽 さん が朗読を行います。

 

豊島の唐櫃公堂で行われるのは、今回で2回目。

2010年の瀬戸内国際芸術祭で行われた際にも、やはり、子ども連れのお客さんに好評で

「他の演目もみたい」との声が多かったため、今回も行うことになりました。

 

 

 

 

宮沢賢治さんの独特な世界観を持った物語に、どんな音楽と演奏でアプローチしていくのか。

「鳥の劇場」の劇団員による、朗読もみどころです。

 

この夏の思い出に “絵のない”絵本を読んでみませんか。

 

 

 

〇 「音の絵本Ⅱ よだかの星」 「音の絵本Ⅵ 注文の多い料理店」

 

日時 / 8月25日(日)午後1時~

場所 / 豊島・唐櫃公堂

料金 / [一般] 1000円 (パスポート掲示で500円)

            [小中学生] 500円

定員 / 100名
問い合わせ / 瀬戸内国際芸術祭総合インフォメーションセンター ℡:087-813-2244

 

※ チラシはこちら