★男木島
【男木島】「男木交流館」で結婚式
べっち   2013年5月14日(火)
タグ:, , , , , ,

5月11日の『島っていいね!』のコーナーでは、

5月3日(金・祝)に、男木島で行われた結婚式について紹介しました。

 

 

 

結婚式の会場となったのは、

普段は、島のお母さんたちの交流の場であり、そして、フェリー発着の待合室を兼ねた「男木交流館」です。

 

新婦は、男木島「オンバファクトリー」でアート活動をされている大島夫妻の娘さんです。

かわいいーー♪

 

 

式では、男木島のお嫁入りの時に歌われていた「伊勢音頭」を島の方が歌う余興もあり、

盛り上がったそうですが、なんといっても、注目は結婚式のお料理。

 

「いつもお世話になっている大島さんの晴れの日に、何かお返しがしたい。」と、いう想いから 

島のお母さんたちが、腕をふるいました。

 

 

新郎・新婦には、男木島の婚礼時に 昔から出される料理を再現したそうです。

左上の料理が、お祝いの時に出される“皿ぐみ”と呼ばれる料理で、

皿の上には、するめを敷いたお寿司、リンゴ、「寿」が入ったはんぺん、おまんじゅうがのっています。

 

また、参列者には、男木島でとれた魚の刺身や天ぷらなどを用意。(30人分!)

これを全部、島のお母さんたちが 前日からつくったそうですよ。

 

料理の仕込みなどで、さぞやお疲れだと思いきや、

「自分の嫁入りの時を思い出して感動したわぁ~。それに、みんなが、おいしい、おいしい言うて料理を食べてくれるから、疲れもふっとんだわー。」と、島のお母さん。  やっぱり島の女は強い!!

 

 

たくさんの方々からあたたかな祝福を受けたお二人、本当におめでとうございます。

heart01 末永く、お幸せに heart01

 

 

なお、「男木交流館」は、一般の方も催事も承れます。

お問い合わせは、男木コミニティーセンターまで。

 

・男木コミニティーセンター / 電話 087-873-0002


4月22日からの「瀬戸内国際芸術祭2013」作品の鑑賞について
べっち   2013年4月23日(火)
タグ:, , , , , , , , , , , ,

 

 

4月21日(日)に春会期が終了した「瀬戸内国際芸術祭2013」。

次の夏会期は7月20日から始まります。

 

夏季会期開始までの期間は、

芸術祭会期外となるため 鑑賞できる作品の内容、各会場の開館時間、

航路やバスの運行ダイヤも会期中とは一部異なりますので、

ご来場の際は十分にご確認ください。

 

詳細は、「瀬戸内国際芸術祭2013」公式HPをご覧ください。

 

春会期と夏会期との間(4月22日〜7月19日)に鑑賞いただける作品一覧 (PDFファイル)
春会期と夏会期との間(4月22日〜7月19日)の航路とダイヤ  (PDFファイル)

※PDFファイルをご覧いただくには、[Adobe Reader]が必要です。
ダウンロードはコチラから⇒http://get.adobe.com/jp/reader/

 

 

なお、小豆島では、4月22日からも引き続き、作品をお楽しみいただけるそうです。

 (一部、展示していない作品もあり)

作品鑑賞料等、詳細は、「小豆島観光協会 小豆島旅ナビ」のHPをご覧ください。

 

 


【島っていいね!】瀬戸内の島に“人魚姫”があらわれる!?《04.13 OA》
rsk   2013年4月13日(土)
タグ:, , , , , , , , ,

地震

4月13日(土)午前5時33分ごろ

淡路島付近を震源とする地震があり、

一番強いところでは兵庫県淡路島で震度6弱、小豆島町では震度5弱を観測しました。

そのほかの地域でも、強い揺れを感じたことだと思います。

 

淡路島の洲本小学校では地割れがあったり、各地でケガをされた方もいたり

土庄町の中学校では、体育館の石膏が落下したというニュースもありました。

地震の恐ろしさを改めて実感した朝でした。

 ただ、地震の影響で、芸術祭の全作品・施設に影響はなかったのは不幸中の幸いでした。

 

南海トラフ巨大地震かと、ヒヤッとしましたが今回は違ったようです。

しかし、今後来るであろう巨大地震と津波に備え、防災対策の見直しを!

 


 

 さて、4月13日の「島っていいね!」のコーナーでは

4月19日(金曜日)から始まる、島巡りの屋外パフォーマンス

 

『人魚姫』

 

について、こえび隊の大垣里花さんに電話で伺いました。

 

人魚姫

アンデルセンの童話「人魚姫」をベースに

ダンスカンパニー「水と油」で知られる小野寺修二の演出により、

女優の南果歩の主演で上演。

波打ち際の浜辺を舞台に、言葉と行為の関係を問い直すパフォーマンスだ。

※ 瀬戸内国際芸術祭2013 公式ガイドブックより抜粋

 

 

・・・どんなパフォーマンスなのかは観てのお楽しみですが

今回の大垣さんのお話で「人魚姫」の一端を垣間見ることができました。

 

 

カンパニーデラシネラを主宰する、コンテンポラリーダンスのパフォーマー・小野寺修二さんが

ダンスと演劇を融合させた不思議な空間を演出。

女優の南果歩さんは語り部として出演し、ダンサーは南さんの発する言葉に反応し

それぞれが表現をするそう。

 

 

また、会場が浜辺なので

日の当たる場所や潮の満引きによって

感じ方も変わってくるのでは。

 

 

芸術祭開幕日に直島で行われた「直島春祭」で、5分だけ公開された「予告編」では

桶太鼓の生のパーカッションとダンスと南さんの語りが合わさり、

大垣さん曰く、

『一瞬で空間がガラッと変わった!』

とのことでした。

 

 

 

…むむむやはり、百聞は一見にしかず!

これは生で観て体感するしかなさそうですね!!!

 

 

○ 「人魚姫」公演日時、会場、開演時間

《春シーズン》

豊島パフォーマンス 4月19日(金)@豊島家浦港   10:10 / 14:00 / 16:30
男木島パフォーマンス 4月20日(土)@男木島加茂神社横の砂浜 11:00 / 13:00 / 15:30
女木島パフォーマンス 4月21日(日)@女木島海水浴場 10:30 / 13:30 / 16:30

《夏シーズン》

小豆島パフォーマンス 7月20日(土)※詳細未定
高松港パフォーマンス 7月21日(日)※詳細未定

《秋シーズン》

本島パフォーマンス 10月5日(土)※詳細未定
粟島パフォーマンス 10月6日(日)※詳細未定

 

料金

 鑑賞料:500円 ※パスポート提示で無料、小中学生無料

 

お問い合わせ

瀬戸内国際芸術祭チケットセンター ℡:087-811-7921