★男木島
【男木】 島テーブルできました
べっち   2013年9月6日(金)
タグ:, , , , ,

8月某日、男木島に行ってきました。

 

男木港を降りてすぐ、目に飛び込んでくる開放的な建物が、

7月にオープンした「男木・島テーブル」です。

 

 

こちらでは、島の方が持ち寄った農作物や海産物、また、男木島オリジナルのお土産も購入できる施設となっています。

 

この日、いけすにいたのは「コブダイ」。 

これからは、男木島名物の 美味しいタコやワタリガニがとれるそうです。

 

漁師さんがつくった「サザエごはん」も美味しそう♪

 

9月に入り、暑さも一段落。

芸術祭夏会期は終了しましたが、男木島でも一部の作品は引き続き鑑賞いただけますので、

吹き抜ける潮風が気持ちいい島テーブルで、過ぎゆく夏を感じてみてはいかがでしょうか?

 

夏会期と秋会期との間(9月2日~10月4日)に鑑賞いただける作品一覧

 

 

 


【男木島】泊まれるだけじゃない!男木島の民泊
rsk   2013年9月4日(水)
タグ:, , ,

男木島 の港の目の前にある民宿  「まりも荘」 を ご存知でしょうか!

 

 

 

 

 この素敵な笑顔を見せてくれているのは、ここ 「まりも荘」 を切り盛りされている女将 山道 一美(やまみち・かずみ) さん。

8月31日(土) の 「島っていいね!」 のコーナーで、電話出演をしていただきました。

 

 

 1 階がお食事処で、2 階が宿泊施設になっています  

 

 

以前は、山道さんのおばあさん(御年 104歳)が民宿をしていて、一旦は休業していたのですが

前回の瀬戸内国際芸術祭では、男木島に泊まる宿が足りないということで

2013年の3月に、大規模なリフォームを施し、今回の瀬戸芸に間に合うように、民宿を再開させました。

 

 

 

なんということでしょ~♪

築100年以上経った 古民家 もこんなにきれいにリフォーム!! 

 

 

 

 

 

そして、「民宿 まりも荘」 では、ここでしかできない体験コーナーもあります!

 

 

≪体験メニュー≫

 【Aコース】 調理体験 「朝食や夕食を民宿のお母さんと一緒に作る」

夕食のみ 1000円 / 人

朝食のみ  500円 / 人

夕、朝食  1200円 / 人

 

【Bコース】 収穫・農作業体験 「野菜や果物の収穫体験を行う」

1500円 / 人~

※ Aコースを選んでいる人は、調理に必要な野菜などの収穫を無料でもらえる

 

【Cコース】 タコ飯作り 「島の郷土料理 “タコ飯” を作る」

2000円 / 人

※ 島の漁協女性部と協力中です。希望者は紹介してもらえます。

 

【クルージング】

2000円 / 人

※島の漁師さんと協力。希望者は紹介してもらえます。

 

 

 

「タコ飯」はやはり、人気だそうで、男木島の家庭の味を楽しめます。

レシピも教えてもらえるかも!

 

 

 「中庭」は、宿泊客の憩いの広場

 

北海道から沖縄まで日本全国、また世界の国からも利用客がいるようです。

山道さん曰く、利用客から後日、手紙やはがきが来るのがとてもうれしいとのこと。

 

見た目は古民家なので、島に一つ、帰るふるさとができた気分になることでしょう。

ついつい「ただいま!」と、言いたくなるような民宿です。

 

 

 

民宿 まりも荘

 

営業日 基本的には通年(不定休)

      (お食事処は、火・水・木 が 定休日)

料金   全室1泊素泊まり 3000円 / 人

      ※小学生以下のお子様 2000円 / 人

 

■予約方法

男木島 の情報が掲載されている 「男木 de あそび隊」 HPから予約できます。

http://www.ogijima.jp/

※ または、検索サイトで 「男木 de あそひ隊」 と入力して検索してください。 


【男木島】安産の御守り あります。
べっち   2013年5月15日(水)
タグ:, , , , ,

5月初旬、男木島に行ってきました。

私が、男木島に行くと必ず立ち寄るのが「豊玉姫神社」です。

 

 

島の守り神である玉姫さんにご挨拶を済ませて島を巡りたいという気持ちと、

ここからの景色が好きだからという理由もあります。

 

この日、境内をのぞくと緑の車が停まっており、その車体には「御札・御守」の文字が・・・

 

「も、もしかして、これは、あの幻の御守?(私の中では、幻なんです!)

御札:1000円 / 御守:500円


「そうだよー。」っと、笑顔で答えてくれたのは、

昨年夏に「男木島の祭り」についてお話を伺った井場崎さんじゃないですか!

 

「豊玉姫神社は、古事記に記されている「海幸彦・山幸彦(※)」の伝説がある神社。

豊玉姫は、“安産の神様”として信仰されていて、遠方からこの御守を求めてくる人も多くいたんだよ。」

と、井場崎さん。

※兄の海幸彦の釣り針をなくしてしまった弟の山幸彦が、男木島で豊玉姫と出会い、子どもをみごもるが、出産する姿をのぞいてはならないという約束を破り、山幸彦は、ついのぞいてしまう。すると、姫はワニ(サメ)の姿だった・・・。姿を見られてしまった豊玉姫は、その子ども(男の子)を残して海深く帰ってしまった。この男の子(山幸彦の孫)が、日本の初代天皇、神武天皇といわれています。

 

今までは、男木島に住む人に頼まないと手に入れることができなかった この御守。

島島ラジオのスタッフとして、長く男木島に通っていた私ですら、見たことのなかったんです!

 

「安産」の御守なので、しばらく私には必要はないのですが、、、gawk

番組を「産み出す」仕事をしているということで、何らかの効力があることを信じ、思わず買っちゃいましたshine

                                    関西から来た男の子も買ってましたし!(笑)

 

 

こちらのお店は、基本、毎日開店(10時~17時ぐらい)しています。

井場崎さんは、男木の歴史や風習にも詳しい方なので、ご興味がある方は、是非、「豊玉姫神社」を訪れてみてくださいね。