★女木島
島の力をかりながら、朗読劇を・・・
べっち   2013年11月2日(土)
タグ:, , ,

11月2日(土)の「島っていいね」は、

女木島で、“鬼伝説”をテーマにしたオリジナル作品の朗読劇を行なっている

高松市出身で うどん県副知事を務める女優・木内 晶子さんのインタビューをお届けしました。

 

今回の朗読劇は木内さんの原作で、

鬼が出てくるお話なのですが、親子で楽しんでもらえる作品になっているそう。

 

そして、朗読劇は、初挑戦!

最初は、言葉だけで伝えることの難しさにとまどったそうですが、

島の雰囲気・そして島の方の優しさに勇気づけられて、今は楽しく演じているそうです。

鬼ヶ島大洞窟

 

「朗読劇をとおして、地元香川、そして、女木島の魅力をもっと知って欲しい。」と、木内さん。

今年最後の公演は、11月23日(土)、24日(日)に開催されます。

 

親子で楽しめる内容となっておりますので、是非、ご家族で女木島に訪れてみてください。

 

◆女木島 朗読劇 鬼の秘宝

~ 新作「鬼とクリスマス」&木内晶子ミニライブ ~

 

開催日:11月23日(土)、24日(日)

開演時間:各13時20分/15時20分 の2回公演。

会 場:鬼ケ島(女木島) おにの館

入場料:800円(中学生以下無料)
 

◆お問い合せ
(公財)高松観光コンベンション・ビューロー 

電話:087-822-7060 朗読劇係まで。

 


高松市美術館で開催!「大竹伸朗展 憶速」について
べっち   2013年7月13日(土)
タグ:, , , , , , , ,

「瀬戸内国際芸術祭2013」夏会期開催まで1週間となった 

7月6日(土)の「島っていいね」では、

芸術祭夏会期に合わせて、7月17日(水)~9月1日の間、

高松市美術館で開催される「大竹伸朗展 憶速(おくそく)」について、

高松市美術館 学芸員の牧野裕二さんに、作品の見どころなどをお伺いしました。

 

 

今回の展示会は、高松市美術館と丸亀市猪熊弦一郎現代美術館とが連携して実施するもので、

異なるテーマによる個展を両館で会期を重ねて開催することによって、アーティスト大竹伸朗の

多面性と連続性を実体験できる展示となっています。

 

高松市美術館では、大竹氏の“「記憶」の「速度」”と創作の関係性を切り口に、

大竹作品の魅力を探る回顧展となっており、

なんと小学校6年生の時に描いた作品から現在の作品まで多数展示します。

6年ぶりの公開となる  《ダブ平&ニューシャネル》 1999年

 

初公開となる96冊の≪スケッチブック―日常の風景》は、

大学卒業から現代までのスケッチブックで、

家族やペット、旅先の風景など、大竹氏のプライベートな物も描かれており、

氏の人生を概観できる貴重な作品となっています。

《パズ 10》1997年

 

『高松市美術館では、家のような巨大な作品から手のひらに乗るような小さな作品まで、

“534点”を展示します。大竹さんは、いろいろなスタイルの作品をつくるアーティストであり、

“これが同じ人が作った作品なのか?”と、驚かされ、

大竹さん独特の世界観に圧倒される展示会になっていると思います。』と、牧野さん。

 

香川近郊の大竹作品というと、

直島の公衆浴場「I♥湯」、家プロジェクト「はいしゃ」、

そして、春会期に発表された女木島の「女根」などがありますが、

この夏、島の作品と合わせて、高松と丸亀を巡り、一味違った大竹ワールドを味わってみてくださいね。

 

●高松市美術館開館25周年記念「大竹伸朗展 憶速」

会期:7月17日(水)~9月1日(日)まで ※会期中無休
開館時間:月~土曜日(9:30~19:00)/日曜日・8月10日(土)(9:30~17:00)
入場料 :一般 1000円(800円) /大学生  500円(400円) / 高校生以下無料

住所:香川県高松市紺屋町10−4 / 電話:087-823-1711

 

◆丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
「大竹伸朗の現在」に焦点を当て、大型インスタレーションやペインティング等、新作を中心に構成。

会期:7月13日(土)~11月4日(月・祝)まで ※会期中無休
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)

観覧料:一般950円(760円) 大学生650円(520円)

高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
住所:香川県丸亀市浜町80-1 / 電話:0877-24-7755

 

□瀬戸内国際芸術祭2013 

夏会期:7月20日−9月1日

 

 

掲載写真すべて、(c)Shinro Ohtake / Courtesy Take Ninagawa

 


4月22日からの「瀬戸内国際芸術祭2013」作品の鑑賞について
べっち   2013年4月23日(火)
タグ:, , , , , , , , , , , ,

 

 

4月21日(日)に春会期が終了した「瀬戸内国際芸術祭2013」。

次の夏会期は7月20日から始まります。

 

夏季会期開始までの期間は、

芸術祭会期外となるため 鑑賞できる作品の内容、各会場の開館時間、

航路やバスの運行ダイヤも会期中とは一部異なりますので、

ご来場の際は十分にご確認ください。

 

詳細は、「瀬戸内国際芸術祭2013」公式HPをご覧ください。

 

春会期と夏会期との間(4月22日〜7月19日)に鑑賞いただける作品一覧 (PDFファイル)
春会期と夏会期との間(4月22日〜7月19日)の航路とダイヤ  (PDFファイル)

※PDFファイルをご覧いただくには、[Adobe Reader]が必要です。
ダウンロードはコチラから⇒http://get.adobe.com/jp/reader/

 

 

なお、小豆島では、4月22日からも引き続き、作品をお楽しみいただけるそうです。

 (一部、展示していない作品もあり)

作品鑑賞料等、詳細は、「小豆島観光協会 小豆島旅ナビ」のHPをご覧ください。