★犬島
【犬島】瀬戸内の自然が舞台の野外劇
しょこたん   2013年10月9日(水)
タグ:, , , , ,

10月5日(土)の『島っていいね』では、

NPO法人 アートファームの大森 誠一(おおもり せいいち)さんに、

10月5日から公開されている、維新派の新作野外劇

『MAREBITO(まれびと)』についてお聞きしましたwink

 

維新派は、世界を股にかけて活躍している大阪の劇団で、各国で高い評価を受けています。

その維新派が犬島で新作野外劇を発表するのは今回で4回目となりました。

『MAREBITO』は、過去・現在・未来、様々な時代の子どもたちが『海の学校』に集まり、

それぞれの前世・未来、自然や島の話を語り合う…というストーリー。

 

劇場は犬島の海水浴場に現れ、屋内の劇場とは一味も二味も違う演劇が楽しめるのですhappy01

中でも空の移り変わりには大注目sign03

『MAREBITO』の開演は午後5時30分。

夕景とともに始まり、終演の頃には星がまたたくのだそうですshine

これは屋内では決して味わえない、野外劇ならではの魅力ですよねconfident

 

『MAREBITO』の公演は10月14日(月)まで。

いい席はお早めにお買い求め下さーいdash

 

MAREBITO 

日程:2013年10月5日(土)〜10月14日(月・祝)  ※休演日 10月8日(火)

開場:午後5時

開演:午後5時30分(上演時間110分)  ※屋台村開場:午後3時30分

会場:犬島海水浴場(犬島港から徒歩15分)

料金:6500円 (全席指定/前売当日共通/税込)

チケットの取り扱い:維新派、アートファーム、犬島チケットセンターをはじめ、岡山・香川のチケットセンター・港など


【犬島】 大きなイヌのいる島?!
べっち   2013年7月27日(土)
タグ:, , , ,

7月27日(土)の「島っていいね」は、

犬島で展開されている『犬島ハウスプロジェクト」についてお届けしました。

 

じ・つ・は、今、犬島には、大きな 大きな 犬がいるんですよ~。

 

本当に大きいワーーン!!!!wobbly

 

この大きな犬をつくったのは、

岡山県笠岡市にアトリエを構える 造形作家の川埜 龍三(かわの りゅうぞう)さんです。

 

奥行き5.1メートル×高さ3メートル×幅2.4メー トルのこの巨大なイヌくんは、

この春、白石島の方の協力のもと、川埜さんのアトリエがある笠岡市を出発し、

周辺の島々に立ち寄りながら3日かけて犬島に渡ってきました。

 

「犬島ハウスプロジェクトは、2年前、おかやま山陽高校の学園長さんから、犬島に30年前に建てられたホワイトハウスに未来の子どもたちがワクワクするような、そして、希望を感じられるようなものをつくってもらえないか”という申し出を受け、それから、島に足を運んでいるうちに、大きいイヌをつくろう!と、いう考えに至ったんです。」

と、川埜さん。

 

このイヌくん。

今は真っ白なのですが、

今後、イヌくんの表面には、全国の方が制作した陶板などで仕上げられます。

 ⇒陶板タイル ワークショップの様子はこちら

 

(川埜さん)

「現時点で、1500人近くの方が陶板タイルづくりに参加してくれています。これから、皆さんがつくったタイルを毛並みに見立てて貼っていきます。たくさんの人の想いが、イヌの毛並になって宿っていけばいいなと思ってます。」

 

イヌくんが完成するのは10月の予定。

完成したら、「オープンドッグハウス」というお披露目式を実施します。

 

(川埜さん)

『イヌの体内は空洞なので、中に入ってみてください。イヌの目から見える景色を楽しんでほしい。』

 

イヌくんの目から見た犬島は、また違って見えるかもしれませんね。

是非、イヌくんに会いに犬島に行ってみてください♪

 

 

そして現在、川埜さんの新作などが展示される「イヌの記憶」展が、

岡山の「瀬戸内市立美術館」で開催されています。

今回のイヌくんにちなんだ新作のほか、

祖母と犬とのつながりを表現した立体作品も出品するそうなので、

是非、足を運んでみてください。

 

●イヌの記憶 展

 

岡山県瀬戸内市立美術館で「イヌの記憶」と題して、

犬にまつわる作品を表現方法の異なる8人の作家による展示するグループ展を開催。

<出品作家> 青地大輔 片山康之 川埜龍三 小林陽介 田代雄一 橘  宣行  藤本髙廣 細見博子

 

期   間    7月20日(土)~9月1日(日)

開館時間   9:00~17:00(入館は16:30まで)

場   所   瀬戸内市立美術館 (岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4911 ※瀬戸内市役所牛窓庁舎3・4階 )

 


【犬島】1年に1度渡れる、神秘の島
しょこたん   2013年5月3日(金)
タグ:, , , ,

5月3日は憲法記念日ですが、犬島諸島はお祭りの日!

 

犬島諸島のひとつ、【犬ノ島(いぬのしま)】には、

5月3日の【犬石祭】の日にだけ渡ることができるんですよ!

 

犬石祭は、古くから信仰され、

犬島の名前の由来になったとも言われる

【犬石様】にお参りすることができる1年に1度の貴重な機会ともあって、

犬島から出ている小さな渡し舟は満員御礼!

休む間もなく犬島と犬ノ島を往復していました。

 

犬石様がいらっしゃるのは、赤マルで囲んだ山の上。

午前10時、『犬石大神』ののぼりに導かれながらいざ出発~!

 

石でできた階段が石の島、犬島らしいですよね。

頂上に出ると、ぱっと視界が開け、そこには…

 

 

犬だ~!!!

高さは3.6メートル、周囲はなんと15メートルにもなる

犬の形をした大きな石、それが犬石様のお姿!

伏せのポーズで私たちを迎えてくれる、

神々しくも可愛らしいその姿に心が和みます。

 

どれほど昔のことか分からないほど、古くから信仰を集めてきた犬石様。

菅原道真が大宰府に流されている途中に嵐に遭ったとき、

犬の鳴き声がする方へ船を進めると犬ノ島があり、道真公は難を逃れたという説や、

桃太郎のお供の犬が生まれた地が犬ノ島だったという説など、

犬石様にまつわる言い伝えには諸説あるそうですよ。

 

船着場周辺では屋台が出ていて、こちらもたいへんな賑わい!

辺りは焼きそばや豚汁のいい匂いに包まれてました!

毎年この日を楽しみに訪れる人も多いのだそうです。

今年はなんと約500人の人で賑わいました!

 

次に犬石様にお会いできるのは来年の5月3日。

来年のゴールデンウイークはぜひ犬ノ島へ!

犬石様からたくさんパワーをもらって、連休明けからも元気に頑張ることができそうです。

 

 

★犬ノ島へのアクセス★

犬島の北西、犬島自然の家の先にある、

社用の船着場から渡し船でおよそ1分