★伊吹島
【島っていいね】観音寺で“夜のまち歩き”をしよう
rsk   2013年8月19日(月)
タグ:, , ,

瀬戸内国際芸術祭2013 夏会期 の会場 【伊吹島】 へ渡る船が出る「観音寺港」の周辺市街地では

映像作品や陶芸の明かり作品を道しるべに、夜の観音寺を歩く『夜のまち歩き~よるしるべ2013~』が、行われています。

 

 

 プロジェクターを使って古民家に映像作品を投影。観光客も思わず足を止めて見入ってしまいます。

 

 

8月10日(土)の 「島っていいね」 のコーナーでは、『夜のまち歩き~よるしるべ2013~』 の企画に携わっている

一般社団法人AIS(アイス)プランニング の 漆 崇博(うるし・たかひろ) 代表理事電話で伺いました。

 

 

夜のまち歩き~よるしるべ2013~とは

観音寺市の柳町商店街などの通りにある建物や路地に、プロジェクターで映像作品を投影したり

灯りのモビール作品や陶芸作品を展示。

その映像の光や、灯りの作品を道しるべに夜の観音寺の町を歩いて楽しむイベントです。

 

 

観音寺市内で、アートを使ったまちづくりに取り組んでいる 「ドピカーン観音寺」が2年前から、

行っているこの「夜のまち歩き」は、今年の芸術祭で 【伊吹島】 が会場になることもあり、

今回、芸術祭の公式イベントに選ばれました。

(総合ディレクターの北川フラムさんも、この企画の斬新さが気に入ったそうです。)

 

 

映像は、広島県尾道市のアーティストユニット「OMOCi(梶高慎輔さん、梶高果代さん)」の2人による作品

 

 

9カ所ある映像作品には、観音寺市の歴史をモチーフにしたものが多く、

かつて市内に80人くらいいた「芸妓さん」の名前を、宴の夜に出向いていたという旅館に映し出した作品や

有明浜の白砂に描かれている銭形砂絵「寛永通宝」をモチーフにした「観栄通宝」などが見られます。

 

 

 観栄通宝

 

 

映像作品のほかに、地元の陶芸家・槙 黄州(まき・こうしゅう)さん の灯りの陶芸作品、10作品が

路地のポイントに置かれています。

 

 

すべてを見て回っても、1時間ほどでかえってこれるそう。

 

 

【伊吹島】を訪ねた観光客が多く見られるなか、

地元の観音寺市内の人たちにもとても好評で、まちの再発見につながっているとのこと。

 

 

「県外の人たちもそうですが、なにより地元の人たちに、新たな観音寺を感じてもらえてうれしい」と、漆さん。

 

 

 

 

古き良き文化の香りが残る、観音寺の市街地を

幻想的な灯りを道しるべに、「夜のまち歩き」へ出かけてみませんか?

 

 

 

〇 夜のまち歩き~よるしるべ2013~ 〇

 

開催期間 / 瀬戸内国際芸術祭2013 夏会期期間中(7月20日~9月1日) の 毎週土曜日・日曜日 午後6時~午後9時

 場  所 /  観音寺港周辺市街地

 


【伊吹島】夏会期始まりました~!
しょこたん   2013年7月24日(水)
タグ:, , ,

7月20日土曜日、ギラギラの太陽のもと、いよいよ瀬戸内国際芸術祭【夏】が始まりましたー!!!

海の香りに誘われて、さっそく夏会期限定の会場となる 伊吹島へ行って来ましたよーhappy02

真浦港に降り立つと、色とりどりの大漁旗がお出迎え!!!

伊吹島の賑わいと心意気を感じますhappy01

 

伊吹島には子ども連れの姿も目立っていたのですが、

子どもたちに大人気だった作品を一部ご紹介しちゃいますwink

 

魚の群れを5万個もの浮きで表現した『沈まぬ船』

(『沈まぬ船』について詳しくはこちら

 

こんな子ども心くすぐる作品もhappy01

(『小さな島のささやき』) 

日差しも何のそので元気にアートにふれあう子どもたちの姿がとっても眩しかったですshine

 

伊吹島の魅力はアート作品だけではありません! 

 

坂の多い伊吹島は、眺めもバツグンshine

 

伊吹島自慢のいりこで出汁をとり、トッピングにもいりこの天ぷらが乗った『いりこぶっかけ』や、

いりこの粉が包まれている『洋食焼き』は、まさに伊吹島の味heart04

(洋食焼きって何?という方はこちらsmile

 

初物のいりこをおみやげに買って帰っている方もたくさんいらっしゃいましたよwink

伊吹島の魅力を隅々まで味わうためにも、ぜひ時間に余裕を持ってお越しくださいねhappy01

 

 

★伊吹島一口メモ★

伊吹島は坂の多い島!

足元は履きなれたスニーカーなど、歩きやすいものがおすすめです!

 

島の数カ所に自動販売機や売店がありますが、数には限りがありますので、

念のため予備の飲み物や軽食を持ってくると安心ですよhappy01

 

また、伊吹島への玄関口、観音寺港へのアクセスですが、

観音寺駅と観音寺港を結ぶ、無料のシャトルバスが運行されていますnote

(左:観音寺駅  右:観音寺港) 

 

運行ダイヤは、午前7時15分を始発として、午後6時15分まで

毎時15分と45分に観音寺駅から出発となっています。

 

バスは便利だけど、混雑が心配…。

そんなあなたにおすすめなのはレンタサイクル!

観音寺駅から南に徒歩約1分のところにある『大正橋プラザ(観光案内所)』で貸し出しを行なっていますhappy02

(料金は1日100円!ただし、預かり金として別途400円が必要です。)

 

観光案内所から観音寺港までは自転車で10分ほどbicycle

観音寺のまちを楽しみながら伊吹島に向かうのもいいですよ~!!!

 

レンタサイクルについてのお問い合わせは…

大正橋プラザ(観光案内所)

住所:観音寺市 観音寺町 甲 1234-4

営業時間:9時~17時(12時~13時はお休み)

定休日:木曜日・年末年始

電話:0875-25-3839

 


この夏、伊吹島が熱く盛り上がる!
べっち   2013年7月20日(土)
タグ:, , , , ,

7月20日(土)、

「瀬戸内国際芸術祭2013」夏会期が開幕しました!

 

そこで、「島っていいね」のコーナーでは、

夏限定で新たに加わった島 “伊吹島”の話題をお送りしました。

 

 

お話を伺ったのは、生まれも育ちも伊吹島の伊吹支所 伊瀬 啓(ひらく)支所長。

夏会期開幕当日は、香川県知事をはじめ、伊吹島の展示作品を担当した参加アーティスト9名も出席する

開会式の準備に追われているとのことでした。

 

そんな伊瀬支所長も、アート作品の制作に積極的に参加したそうで、

特に、漁具の“浮き”を使った作品「沈まぬ船」の制作は楽しかったそうです。

豊福亮 「沈まぬ船」 

漁具や生活用品を素材に、魚の群れや海の中をイメージした立体作品。

島民や観音寺市内の小中学生、市民らとともにワークショップでつくった約5万個の浮きで彩られている。

 

「伊吹島は芸術祭に初参加。どれぐらいの人が来るか予測がつかないので、

今からドキドキしていますが、伊吹ならではの魅力をアートと一緒に感じてもらえたらと思っています。

伊吹島は観光地ではないので、歩いてしか行けない場所も多いのですが、大変な思いをして見た景色は、

逆に思い出に残ると思います。」 と、伊瀬さん。

 

伊吹島は周囲5.4kmの小さな島。

坂道の多い島ではありますが、ゆっくり歩いてみてください。

きっと、ノスタルジックな風景にたくさん出会えるはずです。

 

今年の夏は、伊吹島へGOー!!!

 

◆伊吹島への航路はコチラをご参照ください。