♪ハマチ隊
【大島】やさしい心を持って島へ・・・
べっち   2013年3月30日(土)
タグ:, , , , , , , ,

ハマチ隊 べっちです。

 

3月30日(土)の「せとトーク」は、高松市庵治町にある大島で活動をしている

「やさしい美術プロジェクト」ディレクター 高橋 伸行さんにお話を伺いました。

 

「やさしい美術プロジェクト」は、前回の芸術祭から参加しており、

大島にある「国立ハンセン病療養所 大島青松園」で入所者の方々と交流を深めながら活動をしています。

 

プロジェクトでは、入所者が暮らしてきた建物に{つながりの家}資料展示室を開設。

また、{つながりの家}カフェ・シヨルでは、大島でとれた新鮮な野菜や果物をふんだんに使った料理が味わえます。

写真左から、カフェ・シヨルの井木さん、泉さん、そして、RSKアナウンサー えみっち

 

「瀬戸内国際芸術祭2013」では、入所者だった故 鳥栖喬(とりす たかし)氏の写真作品の鑑賞と

大島の歴史を感じてもらうため、かつて使用していた和船を展示した {つながりの家}海のこだまを新たに公開しています。

3月初旬、制作中の高橋さん

 

砂に埋もれ 忘れ去られた この舟は、

展示スペースの床下を堀り、まるで浮遊しているかのように展示されています。


 下から見上げると、舟は今にもどこかに漕ぎ出して行きそうな感じが・・・

 

舟を展示することによって、記憶の奥底にあったことを思い出し、

ぽつぽつとお話をしてくれる入所者の方もいるそう。

 

「大島で暮らす入所者の皆さんが、ここで生き抜いてきたこと自体が島の表現だと思います。私が大島で何かをつくるよりは、むしろ島の中にある“生きた証”を多くの方に見てもらうことに意義があると思います。」と、高橋さん。

 

大島は、ハンセン病患者として強制隔離された悲しい歴史のある島。

入所者さんの苦しみをそのまま体験することはできませんが、入所者さんの思い(苦しさ・悲しさ・喜び)を

自分のことのように感じられる“やさしさ”を持って、入居者さんとふれあいながら大島の自然も感じてみてください。

そうしたら、今まで見えなかった何かが見えてくるかもしれませんよ。。。

 風の舞                                  春は桜も美しい大島

 

◆大島へのアクセス

芸術祭会期中は、高松市サンポートにある高松港旅客ターミナルビル1階「総合インフォメーションセンター」で発行される乗船整理券が必要となります。

高松発|09:10 11:00 13:55
大島発|10:30 13:25 16:15

 

◆カフェ・シヨルの営業日(春会期のみ掲載)

・通常営業(ランチ・スイーツ・ドリンク)
3月30(土)、31(日)、4月1日(月)
4月20日(土)、21日(日)

・限定営業(一部のドリンクメニューと本日のスイーツのみ)
4月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)

※どちらも営業時間は変わらず。10:00-15:00(ランチは11:00~ なくなり次第終了)


雨の女木島で。【女木島】
カナ   2013年3月29日(金)
タグ:, , , ,

ハマチ隊 カナです。

前回に続いて、女木島のお話です。

 

この日の天気は雨rain・・・だったのですが、

そんな雨の日は・・・女木島がまた違った表情を見せてくれる、神様からの贈り物ですshine

木々たちも、恵みの雨をうけて生き生きしているようでした。

 

そして、アートの場所でも『雨』ならではの光景が。その場所とは・・・

ここ、『MEGI HOUSE』

晴れの日は部屋の中にやわらかく太陽が差し込んで、

心地いい風を感じながら、様々な展示を鑑賞したり、時には音楽を楽しんだりという場所なんですが、

雨の日は、晴れの日とは違った、しっとりと贅沢な雰囲気。

 

雨水のたまった木の床が水面のようになって、お庭にある木が幻想的に映る様子が、なんともはかなくてきれい。

そこにいろんな色を混ぜるかのように、やさしく落ちる雨粒。

 

この場所にじっと座っていると聞こえてくる、水滴が落ちる音。耳に、というより体全体に響くように感じます。

まるでやさしい音楽のよう。

この瞬間を見ていると、時間が過ぎるのを忘れて、思いにふけってしまいます。

 

などなど、私が雨の日にこの『MEGI HOUSE』で感じたことは、実はすべて意図されたもの。

「雨の日に、こういうことがおきると・・・」という事を、訪れる人を想定して作られたそうです。

雨という自然現象との”仕掛け”が、見る人の『感じる部分』を柔らかくくすぐって、いつもとは違う世界へと誘ってくれる・・・。

季節によって、天候によって、ここにいると・・・新しい自分に出会える。

雨の日を経験して、そんな場所でもあることを、あらためて感じました。

 

元になった建物は、もちろん女木島に昔からあったもの。

『MEGI HOUSE』の制作に関わった愛知県立芸術大学の神田毎実(かんだつねみ)先生によると

女木島の風景に合うように、空気に合うように、自然に合うように、いらないものをそぎ落としていった結果、

今の形になったとか。

『だから、どんな展示をしても、どんな演奏をしても、そして何もしないでここで過ごすことも、

すべてにおいて“FIX”(この場合は『結論に至る』という解釈がいいのでしょうか)する』 そうで、

それはなぜ、と聞かれても先生たちにも答えは分からないのだそうです。

偶然に?・・・いいえ、たぶん必然としてここにある『MEGI HOUSE』。

女木島で感じる様々な自分を、ぜひ体験してみてください。

雨の日も、ほんとにオススメです。

 

建物の中には、瀬戸内国際芸術祭2013の展示作品もあります。

これも素敵でしたshineぜひぜひ足を運んでください。

 

12の島と、高松、宇野で開催されている【瀬戸内国際芸術祭2013】は、はじまったばかりです。

それぞれの場所で、素晴らしい出会いや発見があります。

みなさんも、その場所で、その時にしかできない体験、してみてくださいね。


瀬戸芸、盛り上がってます。【女木島】
カナ   2013年3月29日(金)
タグ:, , , ,

ハマチ隊 カナです。

3月 20日に「瀬戸内国際芸術祭2013」が開幕した後、初めて女木島に行ってきました!

平日にも関わらず、このにぎわい!そして・・・かわいい女の子が多いheart02

京都からきたという3人shine 『島もアートも楽しかったで~すnotes

たまたま、こちらも京都からの3人組confident  『島の人たちとお話したのが、とても楽しかった!』

と、みなさん女木島を満喫していましたhappy01 ほんとにうれしいですね~happy02

 

そしてフェリー乗り場の案内所にも、かわいいお二人がflair

 

高松市から案内係として女木島に来ているとの事だったのですが、

ご自身でもすでに【3シーズンパスポート】を購入していて、いろんな島を巡るのを楽しみにしているんですって!

おお~、地元の人気も注目度もすごいです!実感!!

 

そしてあたたかい、おもてなしの心も発見。

 

彼女たちが書いたというホワイトボードflair アートの詳しい場所や、紹介はもちろん、こんなこともhappy02

島島ラジオにもご出演いただいた『鬼の台所 福』情報shine おでん、絶品ですよ~shine

女木島に行った時は、ぜひ注目してみてくださいね♪

 

この日のお天気は雨rain

あいにくの空模様だったのですが・・・と、なるところですが・・・

じつは!そうではないんです~confident

 

というわけで、次回 『雨の女木島で。』に続きますeye