・お土産
【男木】 島テーブルできました
べっち   2013年9月6日(金)
タグ:, , , , ,

8月某日、男木島に行ってきました。

 

男木港を降りてすぐ、目に飛び込んでくる開放的な建物が、

7月にオープンした「男木・島テーブル」です。

 

 

こちらでは、島の方が持ち寄った農作物や海産物、また、男木島オリジナルのお土産も購入できる施設となっています。

 

この日、いけすにいたのは「コブダイ」。 

これからは、男木島名物の 美味しいタコやワタリガニがとれるそうです。

 

漁師さんがつくった「サザエごはん」も美味しそう♪

 

9月に入り、暑さも一段落。

芸術祭夏会期は終了しましたが、男木島でも一部の作品は引き続き鑑賞いただけますので、

吹き抜ける潮風が気持ちいい島テーブルで、過ぎゆく夏を感じてみてはいかがでしょうか?

 

夏会期と秋会期との間(9月2日~10月4日)に鑑賞いただける作品一覧

 

 

 


三都半島で心温まるアート旅はいかが?
しょこたん   2013年9月5日(木)
タグ:, ,

瀬戸内国際芸術祭【夏】会期も後半の小豆島sun

 

三都半島へ自転車の旅に行ってきましたーhappy01

 

なぜ自転車なのかというと…

三都半島活性化協議会の河田 義昭(かわた よしあき)さんが制作された

 

こちらのサイクリングマップを使った島巡りをしてみたかったからなのですwink

 

三都半島はアップダウンが激しい地区ですが、

高低差や見どころがひと目で分かるこのマップがあれば

楽しくサイクリングができそうですよねbicycle

 

アップダウンが激しいだけに、時には厳しい道もありますが…、

だからこそ、ぱっと視界が開けたときに見える景色や、受ける潮風の気持ちよさも格別なのですgood

 

三都半島は暖かいおせったいの心がある場所でもありますconfident

島旅の途中、ちょっと一息休憩したい!

そんなときには『島の家』へどうぞshine

 

『島の家』とは、三都半島の各集落にある素敵な休憩所で、来島者さんたちの癒やしスポットとなっていますnote

(島の家について、詳しくはこちら!)

 

今回、私は全部で7か所ある島の家のうち、

神浦(こうのうら)地区の島の家を訪ねて来ましたwink

 

島の家は各集落ごとに独自の内容が展開されているのですが、

神浦のお母さん方は夏らしいおせったいで迎えて下さいましたhappy02 

神浦で獲れたタコが入ったタコ焼き、神浦産のスイカ、 

こちらも神浦産のきゅうりをわさび漬けにしたものや、しそジュースまでheart04

これも食べ~、と次々ごちそうを出していただいてしまいましたsmile

 

どれも神浦でとれたものにこだわり、

神浦のおかあさんたちが愛情込めて作ってくださっているから、本当においしいheart04

 

 

私がおじゃました日は、神戸常盤大学の学生さんたちがお手伝いをされていて、

いつもよりさらに賑やかな島の家でしたhappy01

 

なんと神浦の島の家は、瀬戸内国際芸術祭の会期中、毎日オープンする予定だそうです!

ほっと一息癒されに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

小豆島高校お土産部が制作した、三島半島をモチーフにデザインされた てぬぐいも販売されていますよnotes

(おみやげ部について詳しくはこちら)

 

アート作品がたくさん展示されている三都半島ですが、

次の集落にはどんな島の家があるのかな?と三都半島を巡るのも楽しいですよheart04

 

私はマイ自転車を持ち込みましたが、三都半島ではレンタサイクルの受付も行っていますconfident

道の駅 小豆島ふるさと村

 ・電動自転車…8台

 ・一般自転車…6台

予約は受け付けておりませんので、ご希望の方はお早めに!!!

 

お問い合わせなどは…

道の駅 小豆島ふるさと村までbicycle

(電話:0879-75-2266)

 

サイクリングマップは小豆島内の案内所や、島の家で配布されていますので、

ぜひさわやかなサイクリングを楽しんでみてくださいねhappy01 

名前まで美しいshine花寿波島(はなすわじま)前で一枚!camera

 


「観バッヂ」って、ナニ??
べっち   2013年5月25日(土)
タグ:, , , , , ,

5月25日(土)の『島っていいね!』のコーナーでは、

今、香川の西讃地域発で静かなブームがおこっている 「観バッヂ」をご紹介しました。

 

“缶”バッジ」ではなく「“観”バッヂ」!??

ん?? どんなバッジなの???

 

と、いうことで、

番組では、「観バッヂ」の生みの親で デザインを担当した合田 健二さんにお話を伺いました。

 

合田さんは、伊吹島の対岸にある観音寺(かんおんじ)市豊浜(とよはま)町にある「大豊(おおとよ)商工会青年部」に所属し、

油屋呉服店を営んでいるのですが、

                                                                               「油屋呉服店」の看板息子ちゃんたちでーす。

 

「2年前に香川県が“うどん県”に改名して、ピンバッチを販売したことに触発されました。

いつの頃からか、観音寺市を“いりこだ市”と呼ぶようになったので、それなら特産の“いりこ”をモチーフとした

“観バッヂ”をつくってみては?と思い、つくってみました。」と、合田さん。

 

気になる「観バッヂ」ですが、なんと50種類もあるそう!

カラフルで、見ているだけで元気になるデザインですよね!!

観バッヂ 小サイズ:200円 大サイズ:300円

 

「当初は、自分の住む地域の町おこしになればと思いつくりましたが、今年は伊吹島で芸術祭が開催されるので

観音寺市、いえ、“いりこだ市”全域で盛り上がればいいなと思います。」と、合田さん。

 

気になる「観バッヂ」は、

大豊商工会青年部所属のお店」や、

「合田商事」                                  「あさひうどん」

 

ちょうさ会館(観音寺市豊浜町)」、「道の駅「ことひき」世界のコイン館(観音寺市有明町)」で購入できます。

 

ちょうさ会館

 

今後は伊吹島にも販路を増やす予定もあり、

その際には、伊吹島オリジナルの“観バッヂ”をつくるそうですよ。楽しみですね♪

 

瀬戸内国際芸術祭2013で伊吹島が舞台となるのは夏(会期:7月20日~ 9月1日)。

夏には、“観バッヂ”を服やバッグにいーーっぱいつけて伊吹島を訪れてみてはいかがでしょうか?