・風景
高見島便り
rnc   2013年10月1日(火)
タグ:, , , , , ,

香川県多度津町の北西7.4kmの沖合に浮かぶ高見島。
瀬戸内国際芸術祭2013」への準備も万全です!

 

まずは黄色旗でお出迎え!!
島には沢山の黄色の旗が、ハタハタ・・・

そうそう蛸つぼ漁もスタートしていました!
美味しい瀬戸内のタコ料理も島で味わえるかもしれませんよ!

 

さて、高見島のアート作品ですが、まずは「海辺のテラス」。

浦地区にある作品です。

 

急な坂道を登って行くと、イイことがあります!
絶景とデリシャスなイタメシ。
旧家(民家)を改築したアート作品であり、カフェレストランとして秋会期中はオープンします。

 

お庭には鏡を使ったアトラクションがあり、360℃海と景色を体感できるスペースもあります。
丸亀の建築家、野村正人さんが丹精こめて民家を修繕、改装し解放感と癒しのアート空間に仕上がっています。

野村さん、以前から高見島が大好きでよく訪れていたとか・・・。
昔旅行で訪れた地中海に面する北アフリカのアルジェリアの首都アルジェの街並みによくにていたのが高見島の風景。

 

『どうにかしてこの島を守りたい・・・。

“芸術祭”に参加することによって過疎高齢化が進むこの島をもっと知ってもらえるのでは・・・。

そして高見島の魅力を感じてもらえるのでは。』と、いう想いで参加されました。

野村さんの想いもいっぱいつまった海辺のテラスへぜひ!

 

また、近くには とてもかわいらしい女性、中嶋 伽耶子さんの「うつりかわりの家」もあります。
こちらも民家を改装したアート空間。

 

暗闇の中に無数に光の点が・・・・
点の正体はこの丸いガラス達!明と暗の二つの世界をぞうぞ体感してください!

 

高見島が舞台になる「瀬戸内国際芸術祭2013」秋会期は、10月5日(土)に開幕です!

 


~粟島の隠れ家~ 民宿 ぎんなん
べっち   2013年8月31日(土)
タグ:, , , , , ,

8月下旬、香川県の西部 三豊市詫間町沖の海上に浮かぶ粟島に行ってきました。

 

粟島は「下新田」「中新田」「上新田」の3つの地区に分かれており、

今回、私は 粟島の北東に位置する上新田地区にある、知る人ぞ知る「民宿 ぎんなん」を訪れました。

 

上新田港に着き、海を右手に歩いて行くと、

粟島の有名人、えっちゃんこと松田悦子さんが管理している「ブイブイガーデン」が見えてきます。

 

ナビねこ」も いーっぱい♪

目標だった222匹、作り終えたそうですよ♪

 

さて、目的地の「ぎんなん」は、「ブイブイガーデン」から歩いて2分、海岸沿いにありました。

 

「ぎんなん」は、粟島生まれ・粟島育ちの女将、宮﨑由美子さんが1人で切り盛り。

こちらを構えて20年になります。

部屋に置かれた調度品や食器は、全て島で昔から使われてきたもの・・・。1つとして同じものはないそう。

 

こちらでいただけるのは、粟島産の野菜や地魚を使った ヘルシーな粟島料理。

(三豊なすの焼きびたし、ママカリの酢漬け、酢の物、高野豆腐、ツルナのおひたし、ひじき煮、メバルの煮つけ、茶粥)

 

なかでも、粟島の郷土料理である「波布茶(ハブチャ)の茶粥」はこちらでしか食べられません。

たくさんのお料理をいただいた後でも、まったく胃にもたれることがありませんでした。

 

波布茶はエビスグサという植物の種子が原料のお茶で、昔から粟島では飲まれていたそう。

2、30分程炒ると、香ばしいコーヒー豆のような香りのするお茶になります。

 

予約客が多くて、忙しい時には、えっちゃんがお手伝いに来てくれます。

姉妹のように仲のイイお2人と話をしていると、時間を忘れてしまいます。

 

(宮崎さん)

来た時には難しそうな顔をしとった人も、帰る頃には明るい顔して帰ってくれるんよ。せっかく粟島に来たんやから、ゆっくりしてもらいなぁ。

(えっちゃん)

「粟島には何もないかもしれんけど、だからこそ、何かを感じられる島やと思う。粟島には土産はないけど、土産話はたくさんできる島なんよ。粟島でいろんなイイ出会いをして欲しいと思う。」

 

「瀬戸内国際芸術祭2013 秋会期」の舞台の1つである粟島。

アートはもちろんですが、島の人の暮らしや自然に触れることで、より島旅が楽しめると思います。

是非、一度、ゆっくり粟島を巡ってみてくださいね。

 

 

「民宿 ぎんなん」は、1日1組(5名まで)の完全予約制となっています。

ご予約は、お電話でお願いします。

 

◆民宿 ぎんなん

香川県三豊市詫間町粟島 2217 / 電話:0875-84-6448
※食事:一人前千円 ※宿泊:1泊2食で7千円程度

 

 

◎粟島・上新田までの航路は以下をご参照ください。

・粟島汽船のご案内

※「上新田」まで行く場合は、粟島港で乗り換える必要がありますので、お気をつけください。

 


【伊吹島】夏会期始まりました~!
しょこたん   2013年7月24日(水)
タグ:, , ,

7月20日土曜日、ギラギラの太陽のもと、いよいよ瀬戸内国際芸術祭【夏】が始まりましたー!!!

海の香りに誘われて、さっそく夏会期限定の会場となる 伊吹島へ行って来ましたよーhappy02

真浦港に降り立つと、色とりどりの大漁旗がお出迎え!!!

伊吹島の賑わいと心意気を感じますhappy01

 

伊吹島には子ども連れの姿も目立っていたのですが、

子どもたちに大人気だった作品を一部ご紹介しちゃいますwink

 

魚の群れを5万個もの浮きで表現した『沈まぬ船』

(『沈まぬ船』について詳しくはこちら

 

こんな子ども心くすぐる作品もhappy01

(『小さな島のささやき』) 

日差しも何のそので元気にアートにふれあう子どもたちの姿がとっても眩しかったですshine

 

伊吹島の魅力はアート作品だけではありません! 

 

坂の多い伊吹島は、眺めもバツグンshine

 

伊吹島自慢のいりこで出汁をとり、トッピングにもいりこの天ぷらが乗った『いりこぶっかけ』や、

いりこの粉が包まれている『洋食焼き』は、まさに伊吹島の味heart04

(洋食焼きって何?という方はこちらsmile

 

初物のいりこをおみやげに買って帰っている方もたくさんいらっしゃいましたよwink

伊吹島の魅力を隅々まで味わうためにも、ぜひ時間に余裕を持ってお越しくださいねhappy01

 

 

★伊吹島一口メモ★

伊吹島は坂の多い島!

足元は履きなれたスニーカーなど、歩きやすいものがおすすめです!

 

島の数カ所に自動販売機や売店がありますが、数には限りがありますので、

念のため予備の飲み物や軽食を持ってくると安心ですよhappy01

 

また、伊吹島への玄関口、観音寺港へのアクセスですが、

観音寺駅と観音寺港を結ぶ、無料のシャトルバスが運行されていますnote

(左:観音寺駅  右:観音寺港) 

 

運行ダイヤは、午前7時15分を始発として、午後6時15分まで

毎時15分と45分に観音寺駅から出発となっています。

 

バスは便利だけど、混雑が心配…。

そんなあなたにおすすめなのはレンタサイクル!

観音寺駅から南に徒歩約1分のところにある『大正橋プラザ(観光案内所)』で貸し出しを行なっていますhappy02

(料金は1日100円!ただし、預かり金として別途400円が必要です。)

 

観光案内所から観音寺港までは自転車で10分ほどbicycle

観音寺のまちを楽しみながら伊吹島に向かうのもいいですよ~!!!

 

レンタサイクルについてのお問い合わせは…

大正橋プラザ(観光案内所)

住所:観音寺市 観音寺町 甲 1234-4

営業時間:9時~17時(12時~13時はお休み)

定休日:木曜日・年末年始

電話:0875-25-3839