・飲食店
【男木】 島テーブルできました
べっち   2013年9月6日(金)
タグ:, , , , ,

8月某日、男木島に行ってきました。

 

男木港を降りてすぐ、目に飛び込んでくる開放的な建物が、

7月にオープンした「男木・島テーブル」です。

 

 

こちらでは、島の方が持ち寄った農作物や海産物、また、男木島オリジナルのお土産も購入できる施設となっています。

 

この日、いけすにいたのは「コブダイ」。 

これからは、男木島名物の 美味しいタコやワタリガニがとれるそうです。

 

漁師さんがつくった「サザエごはん」も美味しそう♪

 

9月に入り、暑さも一段落。

芸術祭夏会期は終了しましたが、男木島でも一部の作品は引き続き鑑賞いただけますので、

吹き抜ける潮風が気持ちいい島テーブルで、過ぎゆく夏を感じてみてはいかがでしょうか?

 

夏会期と秋会期との間(9月2日~10月4日)に鑑賞いただける作品一覧

 

 

 


~粟島の隠れ家~ 民宿 ぎんなん
べっち   2013年8月31日(土)
タグ:, , , , , ,

8月下旬、香川県の西部 三豊市詫間町沖の海上に浮かぶ粟島に行ってきました。

 

粟島は「下新田」「中新田」「上新田」の3つの地区に分かれており、

今回、私は 粟島の北東に位置する上新田地区にある、知る人ぞ知る「民宿 ぎんなん」を訪れました。

 

上新田港に着き、海を右手に歩いて行くと、

粟島の有名人、えっちゃんこと松田悦子さんが管理している「ブイブイガーデン」が見えてきます。

 

ナビねこ」も いーっぱい♪

目標だった222匹、作り終えたそうですよ♪

 

さて、目的地の「ぎんなん」は、「ブイブイガーデン」から歩いて2分、海岸沿いにありました。

 

「ぎんなん」は、粟島生まれ・粟島育ちの女将、宮﨑由美子さんが1人で切り盛り。

こちらを構えて20年になります。

部屋に置かれた調度品や食器は、全て島で昔から使われてきたもの・・・。1つとして同じものはないそう。

 

こちらでいただけるのは、粟島産の野菜や地魚を使った ヘルシーな粟島料理。

(三豊なすの焼きびたし、ママカリの酢漬け、酢の物、高野豆腐、ツルナのおひたし、ひじき煮、メバルの煮つけ、茶粥)

 

なかでも、粟島の郷土料理である「波布茶(ハブチャ)の茶粥」はこちらでしか食べられません。

たくさんのお料理をいただいた後でも、まったく胃にもたれることがありませんでした。

 

波布茶はエビスグサという植物の種子が原料のお茶で、昔から粟島では飲まれていたそう。

2、30分程炒ると、香ばしいコーヒー豆のような香りのするお茶になります。

 

予約客が多くて、忙しい時には、えっちゃんがお手伝いに来てくれます。

姉妹のように仲のイイお2人と話をしていると、時間を忘れてしまいます。

 

(宮崎さん)

来た時には難しそうな顔をしとった人も、帰る頃には明るい顔して帰ってくれるんよ。せっかく粟島に来たんやから、ゆっくりしてもらいなぁ。

(えっちゃん)

「粟島には何もないかもしれんけど、だからこそ、何かを感じられる島やと思う。粟島には土産はないけど、土産話はたくさんできる島なんよ。粟島でいろんなイイ出会いをして欲しいと思う。」

 

「瀬戸内国際芸術祭2013 秋会期」の舞台の1つである粟島。

アートはもちろんですが、島の人の暮らしや自然に触れることで、より島旅が楽しめると思います。

是非、一度、ゆっくり粟島を巡ってみてくださいね。

 

 

「民宿 ぎんなん」は、1日1組(5名まで)の完全予約制となっています。

ご予約は、お電話でお願いします。

 

◆民宿 ぎんなん

香川県三豊市詫間町粟島 2217 / 電話:0875-84-6448
※食事:一人前千円 ※宿泊:1泊2食で7千円程度

 

 

◎粟島・上新田までの航路は以下をご参照ください。

・粟島汽船のご案内

※「上新田」まで行く場合は、粟島港で乗り換える必要がありますので、お気をつけください。

 


まちで出会った島グルメ!
しょこたん   2013年7月24日(水)
タグ:, ,

毎週日曜日にサンポート高松 シンボルタワーの西側で開催されているさぬきマルシェ

 

さぬきマルシェは毎回テーマが違うのですが…、

6月23日のテーマは『お魚マルシェ』

 

さてさて、どんなお店があるのでしょうか?

さっそく行ってきまーす!

 

まず目に飛び込んできたのは、

『瀬戸内島うどん』

 

西さぬきに伝わる、いりこを練りこんだ 黒いうどん なのだそうですが…

どんなうどんなのか気になりますよね!

 

近寄ってみると、いりこだしのとってもいい香り…heart01

おいしいけん食べてみて~happy01というお母さんの言葉にひかれて

一杯いただくことにしましたwink

黒いうどんって、どんなうどんなんだろう…?と思っていたのですが…

 

まるでお蕎麦のような黒い麺!

お出汁だけでなく、生地にもいりこが練りこんであるなんて、

高級いりこの産地である西讃ならではですよね。

(伊吹島のいりこ漁・加工におじゃましたときの様子は…こちら)

いりこの深い香りと上品な味わいが食欲をそそる、

何杯でも食べられそうな と~ってもおいしいうどんでした!

 

次に見つけたのは…、

男木島名物、タコ天や南京豆のたいたんが並ぶ、男木島のブース!

こちらも男木島名物、オンバも一緒ですwink

 

 

タコ天は柔らか、南京豆のたいたんは男木島のおかあさんの手作りhappy02

優しい男木島の味がしましたよconfident

(男木島のタコの秘密はこちら 南京豆のたいたんって?という方はこちら!)

 

その他にも炭火でアナゴやセトダイなどのお魚が豪快に焼かれていたり、

 

海の生き物と触れ合うことが出来るコーナーがあったりと、

幅広い年代の方がたっぷり楽しめるマルシェでしたhappy01

 

島へ渡る前の腹ごしらえに、個性豊かなお店を目的に…。

さぬきマルシェへぜひ行ってみてくださいねshine

 

~ 7月20日(土)から「さぬきマルシェ」は毎日開催 ~

瀬戸内国際芸術祭にあわせ「さぬきマルシェ」の場所と時間が変更されています。

 

 

開催時期: 2013年 7月20日(土)〜9月1日(日)
時   間 : 朝/高松港 7:00 〜10:00(1〜2店舗) 夕方/15:00〜19:00(月〜土 5ブース程、日曜日 20 ブース程)