・文化・風習
高見島便り
rnc   2013年10月1日(火)
タグ:, , , , , ,

香川県多度津町の北西7.4kmの沖合に浮かぶ高見島。
瀬戸内国際芸術祭2013」への準備も万全です!

 

まずは黄色旗でお出迎え!!
島には沢山の黄色の旗が、ハタハタ・・・

そうそう蛸つぼ漁もスタートしていました!
美味しい瀬戸内のタコ料理も島で味わえるかもしれませんよ!

 

さて、高見島のアート作品ですが、まずは「海辺のテラス」。

浦地区にある作品です。

 

急な坂道を登って行くと、イイことがあります!
絶景とデリシャスなイタメシ。
旧家(民家)を改築したアート作品であり、カフェレストランとして秋会期中はオープンします。

 

お庭には鏡を使ったアトラクションがあり、360℃海と景色を体感できるスペースもあります。
丸亀の建築家、野村正人さんが丹精こめて民家を修繕、改装し解放感と癒しのアート空間に仕上がっています。

野村さん、以前から高見島が大好きでよく訪れていたとか・・・。
昔旅行で訪れた地中海に面する北アフリカのアルジェリアの首都アルジェの街並みによくにていたのが高見島の風景。

 

『どうにかしてこの島を守りたい・・・。

“芸術祭”に参加することによって過疎高齢化が進むこの島をもっと知ってもらえるのでは・・・。

そして高見島の魅力を感じてもらえるのでは。』と、いう想いで参加されました。

野村さんの想いもいっぱいつまった海辺のテラスへぜひ!

 

また、近くには とてもかわいらしい女性、中嶋 伽耶子さんの「うつりかわりの家」もあります。
こちらも民家を改装したアート空間。

 

暗闇の中に無数に光の点が・・・・
点の正体はこの丸いガラス達!明と暗の二つの世界をぞうぞ体感してください!

 

高見島が舞台になる「瀬戸内国際芸術祭2013」秋会期は、10月5日(土)に開幕です!

 


【島っていいね】キネマと音楽の夕べin瀬戸内 8月16日 開催
rsk   2013年8月6日(火)
タグ:, , , ,

8月3日の「島っていいね」のコーナーでは、

小豆島の 肥土山農村歌舞伎 で、8月16日(金)に開催される

『キネマと音楽の夕べin瀬戸内』について、イベント担当のこえび隊 大垣 さんに伺いました。

 

 

この「キネマと音楽の夕べ」とは、

東京で活動する、現代の“活動弁士” 坂本頼光(さかもと・らいこう)さんの活弁と、

某HKの連続テレビ小説「あ○ちゃん」のオープニングテーマを演奏をしている

サクソフォーンの鈴木広志(すずき・ひろし)さん、パーカッションの小林武文(こばやし・たけふみ)さん、

ピアノの大口俊輔(おおくち・しゅんすけ)さんの生演奏とのコラボレーション“上映会”です。

 

 ■活動弁士■

戦前の映画のほとんどは、いまのようにカラーではないし、劇中音楽もないし、もちろんセリフも入っていない時代。

その当時、いわゆる無声映画(サイレント映画)に巧みな話術で俳優のセリフや説明を入れる

「活動写真弁士(活動弁士)」という職業がありました。

 

日本では昔から、歌舞伎や浄瑠璃からもわかるように解説(ナレーション)を入れる文化が定着していて

話芸に長けていたところから「活動弁士」という職業が生まれたといわれています。

 

 

■坂本頼光(さかもと・らいこう)■

若手の活動弁士、坂本頼光さんは中学2年生のころに映画の魅力に取りつかれ

「活動弁士」を志すようになり、2000年の12月、21歳でデビュー。

これまでに、時代劇作品を中心に、およそ50本のサイレント映画に「命」を吹き込んでいます。

 

また、アニメの声優やCMナレーションなど活動も幅広く

自身が作画をした活弁アニメ、あの国民的アニメをパロディにした「サザザさん」は、

各所で好評と心配を博しているそうです(笑)

※ 「サザザさん」が気になった方は、動画サイト等で検索してみてください。とても笑えます!!


 

■キネマと音楽の夕べin瀬戸内■

「映画」 「話芸」 「音楽」 が彩る、お盆の肥土山舞台。

 

今回は、

1929年公開、日本映画の巨匠・小津安二郎さん監督作品『大学は出たけれど』。

喜劇王・チャーリーチャップリンの1917年公開の名作『チャップリンの冒険』。

そして、子どもも楽しめる、アメリカのアニメーション映画 『ランプの魔人』

などが、上映予定となっています。

 

 

 

夕暮れ時の前半は、音楽のコンサートが。

やがて日が沈んで暗闇になる後半で、

ボーッとスクリーンに映像が浮かびあがり演奏&活弁の生音の上演が始まります。

素敵な空間が想像できますね。。。

 

 日時|2013年8月16日(金)18:15〜 

 場所|小豆島 肥土山農村歌舞伎舞台 ※雨天の場合は旧大鐸小学校体育館(肥土山案内所[土庄町アクティブ大鐸]そば)

 定員|300名  

 料金|一般1500円 パスポート提示1000円 小中学生500円  

 チケット|【e+ 6/20発売、その他の販売所は7/20発売】  eプラス(一般)  eプラス(パスポート割引)

       岡山シンフォニーホールチケットセンター(7/20発売)

       高松YAMAHA(7/20発売)

       DUKESHOP高松(7/20発売)

      高松港総合インフォメーションセンター[高松港旅客ターミナルビル1F]、(7/20発売)

      こまめ食堂(7/20発売)  

 問い合わせ|総合インフォメーションセンター 087-813-2244

 

詳しくは、こちら

 

 

 


「瀬戸内国際芸術祭2013」夏会期開幕!
べっち   2013年7月24日(水)
タグ:, , , , , ,

7月20日(土)、待ちに待った「瀬戸内国際芸術祭2013」夏会期が開幕しました!

 

高松では、高松港近くに出現したアート工房「ベンガル島」で夏会期のオープニングイベントが開催されました。

 

オープニングイベントでは、バングラデシュパフォーミング、

そして、「高松うみあかりプロジェクト」の点灯式が開催されました。

 

「高松うみあかりプロジェクト」の点灯式には、10数点の作品が展示されていました。

「エポックイングリッシュスクール」の作品 (「繋ぐ」というテーマで、親子のシロクマを表現したハートフルな作品)

 

作品の中には、

7月6日の「島っていいね」のコーナに出演いただいた桜町中学校美術部の作品もありました!

 

取材時(7/3)には、完成するのかと、正直、不安に思っていましたが、

 

こんなに素敵に出来上がっていましたよ。heart04

 

この日、朝から設営をしていたという生徒の皆さん。

一日で、こんがりと日焼けしたそうです。

大変な思いをした分、良い作品が、そして、素敵な思い出ができましたね。

 

なお、オープニングイベントが開催されたアート工房「ベンガル島」では、

夏の会期中「バングラデシュ・ファクトリー」が連日開催されます。

 

こちらでは、バングラデシュの職人たちがつくる 織物、焼き物、楽器などを間近で見ることができますので、

是非、訪れてみてくださいね。

 

◆バングラデシュ・ファクトリー

日程:7月20日(土曜日)~9月1日(日曜日)

時間:11時~19時30分
会場:高松港サンポート地区・アート広場(高松市サンポート7)