・アーティスト
【宇野】のんびり、ゆったりの町づくり『うのずくり』
しょこたん   2013年10月30日(水)
タグ:, , ,

2013年10月19日の『島っていいね』は、

岡山県玉野市 宇野で活躍中のまち作りプロジェクト『うのずくり』について、

うのずくり代表の森 美樹(もり みき)さんにお話をお聞きしましたhappy01

©うのずくり 

 

うのずくりは全国からクリエイターさんに移住してもらい、

宇野を楽しく賑やかな町にすることを目的とした『移住プロジェクト』。

ここでのクリエイターさんとは、芸術家さんだけでなく、

カフェなどお店を開きたい人、町づくりに興味がある人、宇野に興味がある人など、

宇野の町に住んで楽しもうという気持ちがある人なら誰もがクリエイターさんなのだそうですwink

 

クリエイターさんを支援するために、うのずくりは様々な活動を行っていますdash

まず物件や町の紹介、さらに家の大掃除まで!

お店作りや、クリエイターさんが宇野で働くためのお手伝いもしているんだそうですよ!

 

 

その他にも、様々な活動を行っているうのずくり。

ワークショップや魚市場で行われる『朝ごはん会』も恒例行事として根付いてきましたwink

宇野だけでなく岡山や高松からも様々な人が訪れ、人々の出会いの場となっているそうですよ!

©うのずくり 

 

さらに、港食堂&ゲストハウス『lit(リット)』や、うのずくりの拠点『uz(うず)』もオープンし、

宇野から直島や豊島に向かう人々の間にも宇野の魅力が広がっていますshine

uzは交流スペースとして使用されるだけでなく、

ギャラリー、カフェ、イベント・ワークショップスペースとしても活躍する予定なんですってhappy02

 

うのずくりはこれからも、ゆっくり、無理なく宇野を素敵にするために活動していきますconfident

宇野に魅かれたクリエイターのみなさん、ぜひうのずくりに参加してはいかがでしょうか?

 


【犬島】瀬戸内の自然が舞台の野外劇
しょこたん   2013年10月9日(水)
タグ:, , , , ,

10月5日(土)の『島っていいね』では、

NPO法人 アートファームの大森 誠一(おおもり せいいち)さんに、

10月5日から公開されている、維新派の新作野外劇

『MAREBITO(まれびと)』についてお聞きしましたwink

 

維新派は、世界を股にかけて活躍している大阪の劇団で、各国で高い評価を受けています。

その維新派が犬島で新作野外劇を発表するのは今回で4回目となりました。

『MAREBITO』は、過去・現在・未来、様々な時代の子どもたちが『海の学校』に集まり、

それぞれの前世・未来、自然や島の話を語り合う…というストーリー。

 

劇場は犬島の海水浴場に現れ、屋内の劇場とは一味も二味も違う演劇が楽しめるのですhappy01

中でも空の移り変わりには大注目sign03

『MAREBITO』の開演は午後5時30分。

夕景とともに始まり、終演の頃には星がまたたくのだそうですshine

これは屋内では決して味わえない、野外劇ならではの魅力ですよねconfident

 

『MAREBITO』の公演は10月14日(月)まで。

いい席はお早めにお買い求め下さーいdash

 

MAREBITO 

日程:2013年10月5日(土)〜10月14日(月・祝)  ※休演日 10月8日(火)

開場:午後5時

開演:午後5時30分(上演時間110分)  ※屋台村開場:午後3時30分

会場:犬島海水浴場(犬島港から徒歩15分)

料金:6500円 (全席指定/前売当日共通/税込)

チケットの取り扱い:維新派、アートファーム、犬島チケットセンターをはじめ、岡山・香川のチケットセンター・港など


高見島便り
rnc   2013年10月1日(火)
タグ:, , , , , ,

香川県多度津町の北西7.4kmの沖合に浮かぶ高見島。
瀬戸内国際芸術祭2013」への準備も万全です!

 

まずは黄色旗でお出迎え!!
島には沢山の黄色の旗が、ハタハタ・・・

そうそう蛸つぼ漁もスタートしていました!
美味しい瀬戸内のタコ料理も島で味わえるかもしれませんよ!

 

さて、高見島のアート作品ですが、まずは「海辺のテラス」。

浦地区にある作品です。

 

急な坂道を登って行くと、イイことがあります!
絶景とデリシャスなイタメシ。
旧家(民家)を改築したアート作品であり、カフェレストランとして秋会期中はオープンします。

 

お庭には鏡を使ったアトラクションがあり、360℃海と景色を体感できるスペースもあります。
丸亀の建築家、野村正人さんが丹精こめて民家を修繕、改装し解放感と癒しのアート空間に仕上がっています。

野村さん、以前から高見島が大好きでよく訪れていたとか・・・。
昔旅行で訪れた地中海に面する北アフリカのアルジェリアの首都アルジェの街並みによくにていたのが高見島の風景。

 

『どうにかしてこの島を守りたい・・・。

“芸術祭”に参加することによって過疎高齢化が進むこの島をもっと知ってもらえるのでは・・・。

そして高見島の魅力を感じてもらえるのでは。』と、いう想いで参加されました。

野村さんの想いもいっぱいつまった海辺のテラスへぜひ!

 

また、近くには とてもかわいらしい女性、中嶋 伽耶子さんの「うつりかわりの家」もあります。
こちらも民家を改装したアート空間。

 

暗闇の中に無数に光の点が・・・・
点の正体はこの丸いガラス達!明と暗の二つの世界をぞうぞ体感してください!

 

高見島が舞台になる「瀬戸内国際芸術祭2013」秋会期は、10月5日(土)に開幕です!