・アート作品
【本島】瀬戸内国際芸術祭【秋】の舞台裏とは…? その③
しょこたん   2013年10月28日(月)
タグ:, ,

いよいよ瀬戸内国際芸術祭 秋会期も大詰めlovely

みなさんもう島には行かれましたか?

島は現在、駆け込みのお客さんで大賑わいだそうですよ!

 

さて、瀬戸内国際芸術祭【秋】の舞台裏のご紹介第三弾は…

塩飽諸島の中心といえばここ、本島!happy01

実は瀬戸内国際芸術祭の会期が残りわずかとなった今も、

制作に参加できる作品があるのです!

 

その作品とは、塩飽大工の復活を願い、齊藤正さんと続・塩飽大工衆が立ち上げた

『善根湯・版築プロジェクト』!

右:齊藤 正さん

左:カワニシ ノリユキさん

 

齊藤正さんは、香川県出身の建築家さん。

大学時代に、研究室で塩飽大工衆についての本を読んだことがきっかけで、

ご自身のルーツである塩飽諸島や塩飽大工に興味を持ったのだそうです。

 

かつて、本島には塩飽大工学校という 塩飽大工育成のための学校があり、

そのころには下職を含めると、島内に約2000人の塩飽大工がいたのだそうです!

 

しかし、時が流れるにつれ、機械化・分業化が進み、塩飽大工をはじめ、

大工さんは次第に姿を消して行きました。

 

その現状を憂い、『建築を何とかしよう!』という思いのもと、

善根湯×版築プロジェクトはスタートしたのです!

 

(島島ラジオ本編でも齊藤さんにお話をお伺いしています!詳しくはこちら)

 

大学時代からの20年越しの夢の実現となった今回のプロジェクト、

嬉しさとともに続・塩飽大工衆が考えたのは『ちょっと無理なことをやろう』ということflair

どういうことかというと、一言で言うなら『アホなこと』smile

建築を知っている人が見たら、『何でこんなことをしたんだろう…?』と思うようなことをしようと思ったのだそうです。

 

もちろん機械は使わず、作業はすべて人力punch

建物の壁は、版築(はんちく)という手法で作られています。

 

一層ずつ土を押し固めで壁を作るのですが、この一層を作るのにかかる時間はなんと8時間!

こうしてできた壁は、コンクリートと同じくらい固くなるということですから驚きですね。

 

『作業の跡、つまり人の手が見える過程もアート。型枠を外すときのワクワク感もいいんです。』

と、メンバーのカワニシさんもおっしゃっていましたが、

これだけ時間をかけて丁寧に作ったものは、完成のときの喜びはひとしおなのでしょうねconfident

 

私がお伺いした日はちょうど棟上げの日。

笠島地区だけでなく、本島各地からたくさんの人が集まりましたhappy01

 

芸術祭期間中も作業は続きますdash

その様子もアートの一環!むかしむかしの建築方法を目の当たりにするチャンスでもあります。

 

建築作業は芸術祭会期中も続いており、版築の工程に参加することも可能ですnote

それも新しいアートの形confident

これから先も残っていく善根湯に作業の思い出も刻んでみてはいかがでしょうか? 

 


【犬島】瀬戸内の自然が舞台の野外劇
しょこたん   2013年10月9日(水)
タグ:, , , , ,

10月5日(土)の『島っていいね』では、

NPO法人 アートファームの大森 誠一(おおもり せいいち)さんに、

10月5日から公開されている、維新派の新作野外劇

『MAREBITO(まれびと)』についてお聞きしましたwink

 

維新派は、世界を股にかけて活躍している大阪の劇団で、各国で高い評価を受けています。

その維新派が犬島で新作野外劇を発表するのは今回で4回目となりました。

『MAREBITO』は、過去・現在・未来、様々な時代の子どもたちが『海の学校』に集まり、

それぞれの前世・未来、自然や島の話を語り合う…というストーリー。

 

劇場は犬島の海水浴場に現れ、屋内の劇場とは一味も二味も違う演劇が楽しめるのですhappy01

中でも空の移り変わりには大注目sign03

『MAREBITO』の開演は午後5時30分。

夕景とともに始まり、終演の頃には星がまたたくのだそうですshine

これは屋内では決して味わえない、野外劇ならではの魅力ですよねconfident

 

『MAREBITO』の公演は10月14日(月)まで。

いい席はお早めにお買い求め下さーいdash

 

MAREBITO 

日程:2013年10月5日(土)〜10月14日(月・祝)  ※休演日 10月8日(火)

開場:午後5時

開演:午後5時30分(上演時間110分)  ※屋台村開場:午後3時30分

会場:犬島海水浴場(犬島港から徒歩15分)

料金:6500円 (全席指定/前売当日共通/税込)

チケットの取り扱い:維新派、アートファーム、犬島チケットセンターをはじめ、岡山・香川のチケットセンター・港など


高見島便り
rnc   2013年10月1日(火)
タグ:, , , , , ,

香川県多度津町の北西7.4kmの沖合に浮かぶ高見島。
瀬戸内国際芸術祭2013」への準備も万全です!

 

まずは黄色旗でお出迎え!!
島には沢山の黄色の旗が、ハタハタ・・・

そうそう蛸つぼ漁もスタートしていました!
美味しい瀬戸内のタコ料理も島で味わえるかもしれませんよ!

 

さて、高見島のアート作品ですが、まずは「海辺のテラス」。

浦地区にある作品です。

 

急な坂道を登って行くと、イイことがあります!
絶景とデリシャスなイタメシ。
旧家(民家)を改築したアート作品であり、カフェレストランとして秋会期中はオープンします。

 

お庭には鏡を使ったアトラクションがあり、360℃海と景色を体感できるスペースもあります。
丸亀の建築家、野村正人さんが丹精こめて民家を修繕、改装し解放感と癒しのアート空間に仕上がっています。

野村さん、以前から高見島が大好きでよく訪れていたとか・・・。
昔旅行で訪れた地中海に面する北アフリカのアルジェリアの首都アルジェの街並みによくにていたのが高見島の風景。

 

『どうにかしてこの島を守りたい・・・。

“芸術祭”に参加することによって過疎高齢化が進むこの島をもっと知ってもらえるのでは・・・。

そして高見島の魅力を感じてもらえるのでは。』と、いう想いで参加されました。

野村さんの想いもいっぱいつまった海辺のテラスへぜひ!

 

また、近くには とてもかわいらしい女性、中嶋 伽耶子さんの「うつりかわりの家」もあります。
こちらも民家を改装したアート空間。

 

暗闇の中に無数に光の点が・・・・
点の正体はこの丸いガラス達!明と暗の二つの世界をぞうぞ体感してください!

 

高見島が舞台になる「瀬戸内国際芸術祭2013」秋会期は、10月5日(土)に開幕です!