・祭り
【島っていいね!】野卵会(やらんかい)のホタル祭りへ行かんかい? 《06.08 OA》
rsk   2013年6月12日(水)
タグ:, , ,

 。。。と、しょうもないタイトルをつけてしまいましたが。

 

6月8日(土)の『島っていいね!』では、こちら!

 

 

 

 

小豆島 の吉田地区で、毎年、6月の第2土曜日に開催している

幻想ホタル祭り」の話題をお送りしました!

 

祭り当日のお昼という、まさに準備中のところ

お電話をつながせていただいたのは、

この「幻想ホタル祭り」の主催をされている

 野卵会(やらんかい) 会長の 増田 勝朗(ますだ・かつろう)さん。

 

 

さて、この 野卵会 とは一体何の会なのか。

 

 

 

養鶏場?

 

 

 

卵の販売所??

 

 

いいえ。

 

 

じつは “ホタルを飼育する会” なんです。

 

平成18年に立ち上げたという 野卵会 は、現在19名が在籍。

むかし、ここ吉田地区に自然に飛んでいた ゲンジボタル

いま一度復活させようという思いで活動しています。

 

ホタルの飼育は、一筋縄ではいかないようで

夏場の水温調節が一番大変とのこと。(エサとなるカワニナが育たない!)

また、幼虫を会員それぞれ自宅へ持ち帰って羽化までを見守ります。

 

そんな、丹精込めて育てられた ゲンジボタル が祭りの最後、

野卵会の皆さんの手によって放流されます。

 

ちなみに、ホタルは祭りが終わったあと

こどもたちに配られるそうなのです! 珍しい!!

 

 

 

 

祭りを終えての後日談ですが、

今年も、無事にホタルを放流。

およそ1000人のお客さんが集まったそうです!

 

 

 

祭りのようすは、

小豆島観光協会のホームページ 「小豆島旅ナビ」の中の

豆子のまめナビ で伝えられていますので、こちらもご覧ください! 

 


【犬島】1年に1度渡れる、神秘の島
しょこたん   2013年5月3日(金)
タグ:, , , ,

5月3日は憲法記念日ですが、犬島諸島はお祭りの日!

 

犬島諸島のひとつ、【犬ノ島(いぬのしま)】には、

5月3日の【犬石祭】の日にだけ渡ることができるんですよ!

 

犬石祭は、古くから信仰され、

犬島の名前の由来になったとも言われる

【犬石様】にお参りすることができる1年に1度の貴重な機会ともあって、

犬島から出ている小さな渡し舟は満員御礼!

休む間もなく犬島と犬ノ島を往復していました。

 

犬石様がいらっしゃるのは、赤マルで囲んだ山の上。

午前10時、『犬石大神』ののぼりに導かれながらいざ出発~!

 

石でできた階段が石の島、犬島らしいですよね。

頂上に出ると、ぱっと視界が開け、そこには…

 

 

犬だ~!!!

高さは3.6メートル、周囲はなんと15メートルにもなる

犬の形をした大きな石、それが犬石様のお姿!

伏せのポーズで私たちを迎えてくれる、

神々しくも可愛らしいその姿に心が和みます。

 

どれほど昔のことか分からないほど、古くから信仰を集めてきた犬石様。

菅原道真が大宰府に流されている途中に嵐に遭ったとき、

犬の鳴き声がする方へ船を進めると犬ノ島があり、道真公は難を逃れたという説や、

桃太郎のお供の犬が生まれた地が犬ノ島だったという説など、

犬石様にまつわる言い伝えには諸説あるそうですよ。

 

船着場周辺では屋台が出ていて、こちらもたいへんな賑わい!

辺りは焼きそばや豚汁のいい匂いに包まれてました!

毎年この日を楽しみに訪れる人も多いのだそうです。

今年はなんと約500人の人で賑わいました!

 

次に犬石様にお会いできるのは来年の5月3日。

来年のゴールデンウイークはぜひ犬ノ島へ!

犬石様からたくさんパワーをもらって、連休明けからも元気に頑張ることができそうです。

 

 

★犬ノ島へのアクセス★

犬島の北西、犬島自然の家の先にある、

社用の船着場から渡し船でおよそ1分


【伊吹島】「百々手祭」が2月24日に行われます
べっち   2013年2月20日(水)
タグ:, , , , ,

ハマチ隊 べっちです。

 

香川県では、西讃地域を中心に行われている 早春の神事「百々手(ももて)祭」。

豊作、大漁、厄除けなどを願って的に矢を放ち、災いをもたらす「魔」を退散させるお祭りです。

 

2月24日(日)には、伊吹島の「百々手祭」が行われます。

 

射子衆(矢を射る人)はお祓いを受け、3社参り(荒神社、本宮社、天神社)を済ませた後に、

伊吹八幡神社境内で邪悪退散の願いを込め、矢を放ちます。

 

最大の見せ場は、賞金のかかった黒星(●)を射抜く神事。

黒星は、大的の中心にある黒丸よりさらに小さく、懸けられた賞金は25万円!皆、真剣な表情で挑むそうです。

見事命中したところで、百々手祭りはめでたく終了します。

 写真提供:伊吹島研究会 三好 兼光様

 

祭りは、2月24日(日)午前10時30分~午後3時頃まで行われます。

江戸時代からの伝統が残る伊吹島の百々手祭り。

裃姿の射子衆が 的を見事に射抜く姿を 是非、見に来てくださいね。

 

【参考】

・伊吹島航路

http://www.city.kanonji.kagawa.jp/info/w50/061006-1.html