【伊吹島】期間限定!「洋食焼き」食べてやぁ~。
べっち   2013年3月7日(木)
タグ:, , , , ,

ハマチ隊 べっちです。

 

伊吹島の玄関港 真浦港を降りると、

“いりこ”の加工場が立ち並んでいるのですが、

その一角にあるのが「お好み焼き ヤマブン」です。

 

「ヤマブン」を切り盛りしているのは三好 美千代さん。

 

「しんどいから休もうと思っても、みんな私の家を知ってるから、おばちゃん焼いて!って呼びに来るんよ。」

と、笑顔で話してくれた三好さん。

 

コチラのお店では、

お好み焼きのほか、伊吹のイリコで出汁をとったうどんもあります。

また、伊吹島で昔から親しまれていた「洋食焼き」も、ぜひお試しください。

 

 

(三好さん)「洋食焼きは、私がこんまい(小さい)時から お母さんが焼っきょったから、

だいぶん前から島では食べよったんやろな。味の秘訣は、もちろんイリコ。」

 

私と話しながらも、手早く「洋食焼き」を焼く、三好さん。

 

お好み焼きに比べると薄い生地の上に、ネギと粉末にしたイリコをのせて焼きます。

 

タレは醤油ダレ。イリコとあいまった香りが、もう・・・たまりません!

薄い生地だったので、食感はパリパリなのかと思ったら、もっちもち♪

素朴な味なので、何枚でも食べたくなっちゃいます!

 

でも、「洋食焼き」などを食べられるのは、11月~3月まで 毎年冬場の期間限定店。

お店の名前になっている「ヤマブン」は屋号で、島に17ある網本の一つ。

鰯漁がはじまると、三好さんもイリコ加工場で働くので、鰯漁がない時期だけお店を開いているそうです。

 

三好さんが焼く美味しい「洋食焼き」を食べたい人は、お早めに伊吹島へGO!!

 

◆ヤマブン

メニュー

・洋食焼き 100円!!

・ うどん   250円

・お好み焼き(豚・イカ・モツ入り)  400円

 

営業時間

11時~17時まで

定休日

不定休(だいたい空いているそう)

※注意※11月~3月の期間だけ営業


【伊吹島】夏会期始まりました~!
しょこたん   2013年7月24日(水)
タグ:, , ,

7月20日土曜日、ギラギラの太陽のもと、いよいよ瀬戸内国際芸術祭【夏】が始まりましたー!!!

海の香りに誘われて、さっそく夏会期限定の会場となる 伊吹島へ行って来ましたよーhappy02

真浦港に降り立つと、色とりどりの大漁旗がお出迎え!!!

伊吹島の賑わいと心意気を感じますhappy01

 

伊吹島には子ども連れの姿も目立っていたのですが、

子どもたちに大人気だった作品を一部ご紹介しちゃいますwink

 

魚の群れを5万個もの浮きで表現した『沈まぬ船』

(『沈まぬ船』について詳しくはこちら

 

こんな子ども心くすぐる作品もhappy01

(『小さな島のささやき』) 

日差しも何のそので元気にアートにふれあう子どもたちの姿がとっても眩しかったですshine

 

伊吹島の魅力はアート作品だけではありません! 

 

坂の多い伊吹島は、眺めもバツグンshine

 

伊吹島自慢のいりこで出汁をとり、トッピングにもいりこの天ぷらが乗った『いりこぶっかけ』や、

いりこの粉が包まれている『洋食焼き』は、まさに伊吹島の味heart04

(洋食焼きって何?という方はこちらsmile

 

初物のいりこをおみやげに買って帰っている方もたくさんいらっしゃいましたよwink

伊吹島の魅力を隅々まで味わうためにも、ぜひ時間に余裕を持ってお越しくださいねhappy01

 

 

★伊吹島一口メモ★

伊吹島は坂の多い島!

足元は履きなれたスニーカーなど、歩きやすいものがおすすめです!

 

島の数カ所に自動販売機や売店がありますが、数には限りがありますので、

念のため予備の飲み物や軽食を持ってくると安心ですよhappy01

 

また、伊吹島への玄関口、観音寺港へのアクセスですが、

観音寺駅と観音寺港を結ぶ、無料のシャトルバスが運行されていますnote

(左:観音寺駅  右:観音寺港) 

 

運行ダイヤは、午前7時15分を始発として、午後6時15分まで

毎時15分と45分に観音寺駅から出発となっています。

 

バスは便利だけど、混雑が心配…。

そんなあなたにおすすめなのはレンタサイクル!

観音寺駅から南に徒歩約1分のところにある『大正橋プラザ(観光案内所)』で貸し出しを行なっていますhappy02

(料金は1日100円!ただし、預かり金として別途400円が必要です。)

 

観光案内所から観音寺港までは自転車で10分ほどbicycle

観音寺のまちを楽しみながら伊吹島に向かうのもいいですよ~!!!

 

レンタサイクルについてのお問い合わせは…

大正橋プラザ(観光案内所)

住所:観音寺市 観音寺町 甲 1234-4

営業時間:9時~17時(12時~13時はお休み)

定休日:木曜日・年末年始

電話:0875-25-3839

 


【伊吹島】「おさかな市」は、お腹も驚きもいっぱい!
べっち   2012年12月11日(火)
タグ:, , , , ,

ハマチ隊 べっちです。

強風が吹き荒れ、初雪が舞った12月9日(日)、香川県西部の観音寺市に行って参りました。

 

当初は伊吹島に行く予定だったのですが、強風で船の出航が見合わせになったため、

観音寺港近くの「伊吹漁協煮干集出荷場」で開かれた、

「観音寺三豊おさかな市2012」、「第3回観音寺・伊吹いりこ祭りを」に行きました。

 

「おさかな市」の会場では、海産物や加工品が販売がされていて、

とれたての魚や新鮮な牡蛎、イカ焼き、カキめしなどが並んでいました。

 

12月8日の島自慢で紹介した「箱崎水産」の生牡蛎もありました!

 

また、同時開催の「第3回観音寺・伊吹いりこ祭り」には、

冷たい体を暖めてくれる「いりこ飯(めし」の販売や、郷土料理の「洋食焼き試食コーナー」なども。

 というわけで、少し詳しくご紹介すると、

●いりこ飯

具材は、もちろんいりこ。いりこの出汁の風味ががしっかり利いた炊き込みご飯は絶品でした!                           

 

●「洋食焼き」 昔ながらのやさしいお味♪        ●「いりこ天ぷら」 思わず「ビール!」と、叫びたくなる美味しさ!

 

このほか、「伊吹いりこ祭り」の名にふさわしく、 “いりこ”を使ったイベントも多数開かれていました。

こちらも、少しご紹介しましょう。

 

イリコモンスター

選別前のいりこに交じっているアジやタチウオの稚魚などをより分けてもらい、子どもたちに、

いりこや地魚に対する関心をもってもらおうという催し。

 

●伊吹産いりこの詰め放題

詰め放題でなんと500円!ということで、奥様方が一心不乱に詰めてましたよ~。

 

で、何と言っても楽しかったのは、

いけすに放した魚を手づかみでとるという・・・

 

●お魚つかみどり (小学生以下先着50名限定)

 

この日は、ほんとに震えあがるほど寒かったのですが、

子供たちは、果敢に冷たい水に手を突っ込んで魚を獲っていました!

 

旬の海産物をはじめ、“いりこ”や郷土料理を食べることができるほか、

いろんな体験もできる「おさかな市」は、毎年12月に開催されます。

気の早い話ではありますが、ぜひ覚えておいて、来年は行ってみてくださいね。

 

◆開催場所◆

観音寺市瀬戸町2丁目-21-46