ほんまにうまいじゃけん! 【伊吹島】
カナ   2012年7月17日(火)
タグ:, , , , , ,

ハマチ隊 カナです。

7月14日放送の『せとトーク』の取材で、イリコ漁真っ只中の伊吹島にハマチ隊が潜入eye してきました!!

 

お邪魔したのは、島に17ある網本の一つ『山一水産』さん。wave

この日は【ちりめん】が水揚げ・加工されていたのですが、作業の合間に社長の三好康一郎さんにお話を伺っていると・・

『帰ってきたぞ~!!!』と言う声が!!shipship

すると、それまでお話ししてくださっていた三好さんの顔つきが一気に変わりました。

それもそのはず!伊吹のイリコは鮮度が命!flair

 

獲れたての「ちりめん」(イワシ)を乗せた船が港に付くと、すぐに機械で吸い上げ、加工工場に運びます。

 

パイプで運ばれてきたイワシを容器にひろげて・・・

 

釜揚げにします!

 

この『釜揚げ』の際に『真水』ではなく『塩水』を使うのが伊吹島ならではの加工法!flairflair

『真水』で茹でると、旨味が逃げてしまう・・・からだそうなんですが、これも採れたてで新鮮なイワシ

だからこそのこと!周りを海に囲まれている伊吹島ならではの技なんだそうです。wave

 

ここまで、なんと20分ほどの作業でした!!ほんとにはやい!!happy02

 

一連の作業は分担されていて、みなさんの動きが無駄がなくスピーディー。

家族・親族のほか、この時期だけ働きに来る方も。

そのほとんどが、一度働きに来ると何年も繰り返し来られるとのこと。つまり、毎年のレギュラーメンバーです。

速さと量が求められるこの作業。。お互いの信頼がないと出来ません。

 

新鮮で上質なのはもちろん、みなさんの想いも『旨味』になっている【伊吹島のイリコ】fishfish

だしをとれば臭みが一切なく、料理上手になった気分♪

もちろんそまま食べてもよし!bottle

みなさん!『伊吹島』いりこを見かけたら、ぜひ手に取ってくださいね。

 

伊吹のいりこはうまいじゃけん!!

伊吹島へのアクセスはこちら 

島はほんとにハート型ですheart