【小豆島】小豆島高校に『おみやげ部』が発足!
あゆ   2013年3月21日(木)
タグ:, , , , , ,

サワラ隊 あゆです☆

 

三都半島で展開する、おもてなしプロジェクト 『島の家』。

その『島の家』で、地元の高校生がつくった『手ぬぐい(おみやげ)』を販売しようと、

3月上旬、小豆島高校で『おみやげ部』というワークショップが開かれました。

 

ワークショップの先生は、『島の家』をデザインした、東京藝術大学デザイン科助教の柚木恵介さん。

この日は、3回目のワークショップということで、

高校生たちが三都半島をまわって考えたデザインを、ブラッシュアップして完成に近づけていました。

 

柚木さん「自分の住んでいる場所の良さって気付きにくいと思うんです。

      人があたたかくて、文化財も多く、景色もいい。小豆島はとても魅力的な島。

      外から来た人には、子どもたちの目から見た島の良さを伝えられる、

      子どもたちには、ふるさとの良さを自覚してもらえるような取組みになればと思っています。

 

『おみやげ部』に参加している生徒は、1年生1人、2年生8人の合わせて9人。

中には、前回のワークショップの際に初めて三都半島を訪れた生徒もいたそう。

 この日は、仕上げを行うということだったのですが、

デザインがほとんど決まっている子もいれば、まだ迷っている子も・・。

最後まで悩んでいた彼は、そうめんのフシをモチーフにすることに。

「おみやげ部に参加を決めたときは、自分でデザインまですると思わなかった・・けど、だんだん楽しくなってきました!」

誓願寺の大ソテツ、島四国のお遍路さん、漁に使う網など モチーフもさまざま。

 

意外だったのは、ほとんどの子が「絵を描くのは苦手!」と言っていたこと。

それなのに、どうして 『おみやげ部』に参加したの?と聞いてみました。

 

芸術祭という、とても大きなイベントに関わってみたいと思った。

小豆島へやってくる人に島のいいところを知ってほしい、教えてあげたいから。

島のいいところを、おみやげとしてデザインするということに興味があって。

理由は様々ですが、みんなに共通していたのは、【小豆島のことをもっと知りたい】という気持ち。

 

おみやげ部に参加して、どんなことをおみやげにしようと考えるまで、

 小豆島に、こんなにたくさんの見どころがあるなんて知らなかった!

驚きと誇らしさとが入り混じったような表情で話してくれたのが印象的でした。

小豆島の未来をつくる子どもたちが、島の良さに気付き、

それを伝えたいと自発的に思えるきっかけとなるような、素敵なワークショップでした。

 

『おみやげ部』でつくった手ぬぐいは、完成次第、三都半島のおもてなしの場、『島の家』で購入できます。

小豆島の子どもたちの新しい発見と思いが詰まった手ぬぐいは、もうすぐ完成です!

 

また、柚木さんは、この春から小豆島芸術家村の招へい作家として三都半島に滞在しますよ!

今後の『おみやげ部』の活動とともに、そちらにもぜひ注目してみてくださいね♪


三都半島で心温まるアート旅はいかが?
しょこたん   2013年9月5日(木)
タグ:, ,

瀬戸内国際芸術祭【夏】会期も後半の小豆島sun

 

三都半島へ自転車の旅に行ってきましたーhappy01

 

なぜ自転車なのかというと…

三都半島活性化協議会の河田 義昭(かわた よしあき)さんが制作された

 

こちらのサイクリングマップを使った島巡りをしてみたかったからなのですwink

 

三都半島はアップダウンが激しい地区ですが、

高低差や見どころがひと目で分かるこのマップがあれば

楽しくサイクリングができそうですよねbicycle

 

アップダウンが激しいだけに、時には厳しい道もありますが…、

だからこそ、ぱっと視界が開けたときに見える景色や、受ける潮風の気持ちよさも格別なのですgood

 

三都半島は暖かいおせったいの心がある場所でもありますconfident

島旅の途中、ちょっと一息休憩したい!

そんなときには『島の家』へどうぞshine

 

『島の家』とは、三都半島の各集落にある素敵な休憩所で、来島者さんたちの癒やしスポットとなっていますnote

(島の家について、詳しくはこちら!)

 

今回、私は全部で7か所ある島の家のうち、

神浦(こうのうら)地区の島の家を訪ねて来ましたwink

 

島の家は各集落ごとに独自の内容が展開されているのですが、

神浦のお母さん方は夏らしいおせったいで迎えて下さいましたhappy02 

神浦で獲れたタコが入ったタコ焼き、神浦産のスイカ、 

こちらも神浦産のきゅうりをわさび漬けにしたものや、しそジュースまでheart04

これも食べ~、と次々ごちそうを出していただいてしまいましたsmile

 

どれも神浦でとれたものにこだわり、

神浦のおかあさんたちが愛情込めて作ってくださっているから、本当においしいheart04

 

 

私がおじゃました日は、神戸常盤大学の学生さんたちがお手伝いをされていて、

いつもよりさらに賑やかな島の家でしたhappy01

 

なんと神浦の島の家は、瀬戸内国際芸術祭の会期中、毎日オープンする予定だそうです!

ほっと一息癒されに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

小豆島高校お土産部が制作した、三島半島をモチーフにデザインされた てぬぐいも販売されていますよnotes

(おみやげ部について詳しくはこちら)

 

アート作品がたくさん展示されている三都半島ですが、

次の集落にはどんな島の家があるのかな?と三都半島を巡るのも楽しいですよheart04

 

私はマイ自転車を持ち込みましたが、三都半島ではレンタサイクルの受付も行っていますconfident

道の駅 小豆島ふるさと村

 ・電動自転車…8台

 ・一般自転車…6台

予約は受け付けておりませんので、ご希望の方はお早めに!!!

 

お問い合わせなどは…

道の駅 小豆島ふるさと村までbicycle

(電話:0879-75-2266)

 

サイクリングマップは小豆島内の案内所や、島の家で配布されていますので、

ぜひさわやかなサイクリングを楽しんでみてくださいねhappy01 

名前まで美しいshine花寿波島(はなすわじま)前で一枚!camera