月はいつも見ているのかもです。
佐々木かな   2022年8月20日(土)

8/20の島島ラジオは・・

美術家 渡辺篤さんに高松市屋島山上で展示されている

「同じ月を見た日」についてお話をお伺いしました。

 

大きな円形のスクリーンにたくさんの月の写真が浮かびあがります。

コロナ禍などによって孤立感を抱いた国内外の人たちがそれぞれの場所から撮影したものです。

 

ご自身もひきこもりの経験があるという渡辺さんの

人との付き合いの中にあるにある行き違いや、見えない人の心の姿から感じたという

「なんだかやさしい想い」に気持ちを馳せながら作品を見ると、また違った「月」が見えてくるはずですよ。

 

ぜひ足を運んでみてください。