『蛙の池の今昔物語』演出家・豊永純子さん
rsk   2019年9月14日(土)

「瀬戸内国際芸術祭2019 島島インタビュ~」

 

9月28日(土)、29日(日)

小豆島の「肥土山農村歌舞伎舞台」で上演される

演劇 『蛙の池の今昔物語』。

 

 

この演劇の、演出と脚本を手掛ける

演出家で香川大学地域コーディネーターの豊永純子さんに

電話インタビュー!

 

「蛙の池の今昔物語」は、

香川大学✕小豆島夢プロジェクトチーム

演劇2部作 演劇でみる小豆島のカタチ の2作目です。

 

「演劇」を通して、小豆島の未来について考えることをテーマに

現代、過去、未来の小豆島が話の舞台です。

 

1作目『トラと呼ばれたサル』は、8月24日(土)・25日(日)に

中山農村歌舞伎舞台で上演され、2日間でのべ400人を集め

大盛況に終わりました。

 

2作目は、

「肥土山農村歌舞伎舞台」ができたきっかけにもなった、

およそ300年前の肥土山の英雄、太田典徳さんが

現代にタイムスリップするという物語。

 

演者や裏方は、

小豆島の小中高生や香川大学生、島内外の有志が行います。

 

お客さんも巻き込んだ、参加型の演劇を

是非楽しんでほしいと、演出家の豊永さんは話してくれました。

 

 

 

蛙の池の今昔物語

9月28日(土)・29日(日)開場/午後5時 開演/午後5時30分

@肥土山農村歌舞伎舞台(香川県小豆郡土庄町肥土山甲2303)

 

≪チケット≫

一般前売り 1500円

当日 2000円 ※当日パスポート掲示で1800円

小中高生 1000円 ※前売り当日ともに

 

※チケットの予約やお問い合わせはこちら

 

 

【島島ラジオは、radikoタイムフリーでも聞くことができます!】

RSKラジオ、RNCラジオ、のタイムフリーで、

1週間以内なら、1度だけ聞くことができます!

 

島島ラジオ

毎週土曜日の午前11時10分から

RSKラジオ・RNCラジオで放送中!