「トラと呼ばれたサル」
佐々木   2019年8月24日(土)

 

8/24の放送でご紹介したのは、8/24(土)・25(日)に、中山農村歌舞伎舞台で公演される「トラと呼ばれたサル」

 

小豆島の農村歌舞伎舞台で、未来の小豆島を演劇を通して考察する

香川大学×小豆島夢プロジェクトチーム「演劇でみる小豆島のカタチ」の作品第1弾です。

 

中山農村歌舞伎保持会 会長 久保さんと

香川大学 学術部次長 で地域・産学官連携推進を担当されている 朝國 誠司 (あさくに せいじ)さんに

お話を伺いました。

香川大学×小豆島夢プロジェクトチームとは?

過去現在の小豆島を紐解き、未来の小豆島を演劇を通して考察するプロジェクトチーム。小豆島の中山農村歌舞伎舞台と肥土山農村歌舞伎舞台にて演劇を上演する。300年余りの歴史を持つ両舞台で演じられる奉納歌舞伎は、地元の方に愛され小豆島の伝統芸能となっている。

 

緊張の伝わる本番前の現場から、お電話でお話をお伺いしましたよ。

 

8/24・8/25 小豆島・中山農村歌舞伎舞台で開催される

香川大学×小豆島夢プロジェクトチーム「演劇でみる小豆島のカタチ」の

「トラと呼ばれたサル」

 

公演時間は  17時から18時

 

料金は、前売り¥1,500当日¥2,000

パスポート割引¥1,800

小中高は前売り・当日とも、¥1,000です。

 

 

アクセスですが

路線バスの中山線を使用して春日神社前で下車するか

小豆島池田港のちかくにある「イマージュセンター」から無料の送迎バスもご用意しています。

16時発と、16時半発となります。

 

趣ある中山農村歌舞伎に足を運んでいただいて、家族やカップル・友人の方と

ぜひ今年の夏の思い出の一つにしてください。

また、このプロジェクトは秋会期の9月28日(土)~9月29日(日)にも肥土山農村歌舞伎舞台にて

「蛙の池の今昔物語」の公演を行います。

こちらもご興味がございましたら是非ご検討くださいね。

 

夏会期もあと少し!島を楽しんでください!!