夏会期のみどころは?
rsk   2019年7月27日(土)

7月は、RSK山陽放送制作でお送りしています♪

 

瀬戸内国際芸術祭2019島島インタビューでは、

実行委員会事務局の常金志信さんに、夏会期のみどころを伺いました♪♪

 

まずは、夏会期から見られるアート作品の新作をピックアップ!

 

【大島】

田島征三 「Nさんの人生・大島七十年」-木製便器の部屋-

山川冬樹 「海峡の歌/Strait Songs」

”いずれの作品も、国立ハンセン病療養所「大島青松園」で力強く生きてこられた

入所者の方々のエネルギーを伝えてくれる作品”

 

【宇野港周辺】

原口典之 「斜めの構成 1/斜めの構成 2/水平の構成 3」

”7メートルや9メートルの鉄鋼を使った迫力ある作品。

宇野の重工業の歴史を表現した”

 

・・・そのほか、男木島や小豆島でも新作が登場。

 

【高松港周辺】

”北浜エリア。倉庫を改装した商業施設「北浜alley」でも作品を展開。

特産品や工芸品など「瀬戸内の資源」をアートで生かした作品群

北浜の小さな香川ギャラリー」で魅力的な作品がある。”

 

西堀隆史「うちわの骨の広場」

”およそ7000本のうちわの骨。細い竹の筋を巧みに曲げて結び、瀬戸内海の場所ごとに

異なる潮の流れを表現”

KOSUGE1-16「LEFTOVERS」

”庵治石の工房にあった端材を使ったシャンデリア。芸術祭のテーマカラー「瀬戸内ブルー」に

見えるような青いシャンデリアがある”

石原秀則「うどん湯切りロボット」

”ロボットがうどんの湯切りをしてくれる。詳しくは来てみてのお楽しみです。”

 

などなど、夏会期もワクワクするような作品がたくさんあります。

そのほか詳しくは、瀬戸内国際芸術祭2019のホームページで♪♪

 

 

暑さ対策

瀬戸内国際芸術祭は屋外作品も多いので暑さ対策が必要です。

帽子や日傘、タオルなど、熱中症対策をしっかりしましょう。

また、会場となる島々では、飲食店や販売店が限られているので

飲料水などは各自で用意して、こまめに水分補給しましょう。

 

交通安全対策

豊島などいくつかの島での移動はレンタサイクルが便利です。

ですが、島内の道は、地元の方が利用する生活道でもありますので

通行の邪魔にならないように、一列で走行するなど

交通安全に十分気を配ってください。

 

ごみ対策

島ではごみの処理ができないため、自分の出したごみは島外に

持ち帰ってください。高松港、宇野港、土庄港などには

来場者用の「エコステーション」(ごみ捨て場)がありますので

そちらもご利用ください。

 

 

それでは、よい島めぐりを♪♪

 

 

【島島ラジオは、radikoタイムフリーでも聞くことができます!】

RSKラジオ、RNCラジオ、のタイムフリーで、

1週間以内なら、1度だけ聞くことができます!

 

島島ラジオ

毎週土曜日の午前11時10分から

RSKラジオ・RNCラジオで放送中!


瀬戸内国際芸術祭2019 夏会期開幕!犬島から生中継♪♪
rsk   2019年7月20日(土)

7月は、RSK山陽放送制作で、

RSK国司憲一郎、武田彩佳のコンビでお伝えしています。

 

7月19日 金曜日。

瀬戸内国際芸術祭2019の夏会期が開幕しました!!

 

「あつまる夏」という題して、このあと8月25日まで

瀬戸内海7つの島と2つの港で開かれます。

 

そこで、7月20日の放送では・・・

 

RSK阪上彰子リポーター

 

「瀬戸内国際芸術祭2019 島島インタビュー」

岡山市東区の瀬戸内海に浮かぶ「犬島」から生中継!

 

宝伝港から、犬島港を結ぶ「あけぼの丸」で、およそ10分。

 

犬島港では、岡山市立山南中学校の吹奏楽部の皆さんや

犬島のお母さんたちが、観光客をお出迎え♪

 

 

夏会期が開幕して初めての週末ということもあって、

島のお母さんたちの手作りの料理も振舞われました!

 

 

港を降りて、左手にすぐ見える「犬島精錬所美術館」

歩いて散策して楽しめる「家プロジェクト」など

見どころいっぱい。

また、島のお母さんたちの優しさに癒される

犬島へ、この夏是非、訪ねてみてくださいね♪

 

 

「島島インフォメーション」

瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局より

夏会期に向けて、島へ出かける際の注意喚起についてご案内です!

 

暑さ対策

瀬戸内国際芸術祭は屋外作品も多いので暑さ対策が必要です。

帽子や日傘、タオルなど、熱中症対策をしっかりしましょう。

また、会場となる島々では、飲食店や販売店が限られているので

飲料水などは各自で用意して、こまめに水分補給しましょう。

 

交通安全対策

豊島などいくつかの島での移動はレンタサイクルが便利です。

ですが、島内の道は、地元の方が利用する生活道でもありますので

通行の邪魔にならないように、一列で走行するなど

交通安全に十分気を配ってください。

 

ごみ対策

島ではごみの処理ができないため、自分の出したごみは島外に

持ち帰ってください。高松港、宇野港、土庄港などには

来場者用の「エコステーション」(ごみ捨て場)がありますので

そちらもご利用ください。

 

 

それでは、よい島めぐりを♪♪

 

 

【島島ラジオは、radikoタイムフリーでも聞くことができます!】

RSKラジオ、RNCラジオ、のタイムフリーで、

1週間以内なら、1度だけ聞くことができます!

 

島島ラジオ

毎週土曜日の午前11時10分から

RSKラジオ・RNCラジオで放送中!

 

 


現代美術家の宮永愛子さんにインタビュー!
rsk   2019年7月18日(木)

7月は、RSK山陽放送制作でお届けしています!

 

7月13日の「瀬戸内国際芸術祭2019 島島インタビュー」は、

彫刻作品を中心とした現代美術家の 宮永愛子 さんに生電話インタビュー♪

 

日用品をナフタリンでかたどったオブジェや、塩、陶器の貫入音や葉脈を使ったインスタレーションなど、

気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品が注目されている宮永さん。

 

“彫刻というと、変わらないように作品に留めるもの、

無い形をとどめていくものが多いかと思うが、

私の彫刻は、その存在が変わり続ける、

どういうものが新しいか、今まで見たことないような彫刻作品に

興味を持って探求している”

 

宮永さんは、瀬戸内国際芸術祭2019の作品の一つとして、春会期から

女木島の海辺に「ヘアサロン壽」をオープンしています。

 

元々は海の家だったという場所を改装し、

島でカットハウスをしていた美容師さんとの出会いで誕生した

ヘアサロンです。

 

目の前は鏡に映った自分の姿ではなく、

瀬戸内の海が広がります。

 

“作品は決して形になっているもの、ばかりではない。

その空間や、美容師さんの存在、そこで生まれる会話も

ひっくるめてすべてが作品になっている”

 

ここで実際に、髪を切ったり整えたりすることもできるそうです。

 

7月17日(水)からは、高松市美術館で

「宮永愛子展 漕法」という個展も始まります。

 

サヌカイトを使った、新作も展示されるそうですので

是非、宮永愛子さんの世界を体感してみてくださいね!

 

 

「島島インフォメーション」

瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局より

夏会期に向けて、島へ出かける際の注意喚起についてご案内です!

 

暑さ対策

瀬戸内国際芸術祭は屋外作品も多いので暑さ対策が必要です。

帽子や日傘、タオルなど、熱中症対策をしっかりしましょう。

また、会場となる島々では、飲食店や販売店が限られているので

飲料水などは各自で用意して、こまめに水分補給しましょう。

 

交通安全対策

豊島などいくつかの島での移動はレンタサイクルが便利です。

ですが、島内の道は、地元の方が利用する生活道でもありますので

通行の邪魔にならないように、一列で走行するなど

交通安全に十分気を配ってください。

 

ごみ対策

 各自ででたゴミは、必ず持ち帰って処理してください。

 

それでは、よい島めぐりを♪♪

 

 

【島島ラジオは、radikoタイムフリーでも聞くことができます!】

RSKラジオ、RNCラジオ、のタイムフリーで、

1週間以内なら、1度だけ聞くことができます!

 

島島ラジオ

毎週土曜日の午前11時10分から

RSKラジオ・RNCラジオで放送中!