見て、感じて、考える、時間。【鳥公園@豊島】
長田   2016年10月11日(火)

こんにちは。

島島ラジオ、10月はRNC西日本放送からお送りしています。

いよいよ、瀬戸内国際芸術祭2016秋会期も開幕!!の、10/8の放送の島島インタビュー

では、【鳥公園】主宰の西尾佳織さんにお話をお伺いしました。

yajirushi_photo-fumiko-tsukada

【鳥公園】は。。。東京を拠点に活動しつつ、様々な土地での滞在制作も積極的に行っている

劇団です。

今回の瀬戸内国際芸術祭2016秋会期では『豊島』で、10/8(土)・10/9(日)に公演を

行いました。演目は、太田省吾さんの最後の戯曲『ヤジルシ』。

2001年の同時多発テロ。9.11が起こってしまうに至る世界を生きてきた者として、9.11以後を

どのように考えるのか。

難しい問題。でも、主宰の西尾さんは『肩の力を抜いて、なんかやってるな〜』ってふらっと

見に来てください、というメッセージをくださいました。

 

観客と対話・交流の場を持つことで、「公演」だけではない「作品」の提示の仕方を探っている

という【鳥公園】ならではの【劇】。

 

目に見えるものが全てではない。

 

空気が急に秋めいてきた豊島の棚田で、たくさんの想いが飛び交ったはずです。

 

そして島島インフォメーションには、事務局から西村さんにご出演いただきました!

瀬戸内国際芸術祭2016秋会期も、盛りだくさんです!

詳しくはコチラ

放送内容はコチラ