そしてまだまだ高見島!!
長田   2016年10月4日(火)

こんにちは。

島島ラジオ、10月はRNC西日本放送から池田弥生がお送りしています♪

10/1の島島インタビューは、野村正人さんの作品【高見島 海のテラス】からの話題でした。

【海のテラス】とは・・・

高台に位置する庭や納屋を改装したレストラン。目の前に広がる瀬戸内海をゆったりと窓から

見ながら、近海でとれた魚介類や地元産野菜などを素材にしたイタリア料理が楽しめるのです!

 

瀬戸内国際芸術祭2016 秋会期で、『香川短期大学』の生徒さん達がお料理のサポートする!!

というので、準備を進めていた【海のテラス】にお邪魔して、お話をお伺いしました♪

img_1695

学生の皆さんたちは食物栄養専攻の2年生。みなさんボランティアとしての参加です。

瀬戸内国際芸術祭の開催中に実際にお客様へ提供する料理を、海のテラス 料理監修の

イタリア料理のシェフ中野誠司さんがご指導されました。

img_1679

高見島で育った野菜を使っての調理など、普段の生活ではなかなかできない体験と、島の空気を

楽しんでいたようです♪

img_1728

『海老のジェノベーゼ~讃岐の夢フェットチーネ~』

『キノコと鶏肉のトマトソース~讃岐の夢タリオリーネ~』

地元の食材や、讃岐の夢を使った麺ということで、試行錯誤しながらの作業でしたが

出来上がりは見事!!美味しそう~!!

img_1694

この景色を見ながらだとさらに美味しいんだろうなぁ・・是非高見島へ!

 

そして、10/9・10は高見島で、待ってました!!

【MUDA】の【海男】が上演されます!

muda_photo-by-koji-tsujimura  Photo:Koji Tsujimura

なんだこの黒い集団は!なんだこの人たちはー!!と、思いますよね。

【MUDA】とは。。

ダンサー・演出家のQUICKを中心に、ジャンル、年代の異なる多様なアーティスト達が集まり、

京都を拠点に結成されたハイパーパフォーマンスグループ。

宇宙のリズム =「ぶつかることから始まる」、他者や物体、大地等と常に肉体を衝突させる、

ダンス、音楽、美術、映像等、多様なメディアを使用したパフォーマンス、展示を行う。

 

夏会期の犬島に続き、秋会期は高見島に登場です。

そう、なんせ【ぶつかる】んです!この人たち!!

【人】とぶつかる・【地】にぶつかる・【物】とぶつかる・・

でも【ぶつかる】時に、勝つ・負けるじゃなくて、お互いにぶつかり合うことが大事なんだそうです。

 

『あなたはあなた、わたしはわたし』 だけ。じゃない、はず。

 

荒々しく感じるけれど、そこからうまれるものは、なんだかとてもやさしいもののような気がします。

 

【海男】は、海上・陸上で展開し、昼夜に渡り一日を通して行われますが、クライマックスであり、おススメなのは、やはり【よる】。

臨時のチャーター便の船も出ますので、ぜひ最後までご覧になってください!

 

負荷転換を旨とする、MuDA独自の行為、現象、構築物が

日没に向かって儀式的に

創出されていく。

【MUDAワールド】に、どっぷりぶつかってハマってください。

瀬戸内国際芸術祭2016 秋会期、【高見島】から目が離せませーん!

 

【MUDA 海男】→詳しくはコチラ

放送内容はコチラ