秋会期から加わる高見島(たかみじま)!
rsk   2016年9月24日(土)

【島島インタビュー】

香川県多度津町の北西の沖合に浮かぶ細長い円錐形の島「高見島」

多度津港からフェリーで25分。

島の中心に標高297mの龍王山(りゅうおうざん)がそびえ、

その南側のふもとには港を中心とした「浜」集落、山手には「浦」集落があります。

山の急斜面には自然石を積み上げた石垣が築かれ、

多くが江戸時代に作られたものだといいます。

家々が階段状に立ち並ぶ、独特な風情のある島です。

高見島はいよいよ10月8日からの秋会期に登場します。

今日は、高見島で作品を制作・出品している中島伽耶子さんにお話を伺いました。

 

中島さんは2013年の瀬戸内国際芸術祭で出品された「うつりかわりの家」に続き、

2作目「時のふる家」を出品するという。

%e5%86%99%e7%9c%9f

初めて高見島を訪れた時は家がたくさんあるのに「音がしない」「人がいない」・・・静かな感じがしたけど、

でも島の方々と触れ合って、仲よくなったので、温かい感じの中で今回仕事がしやすくなっている、とのこと。

たくさんの島の方々が手伝ってくださっています。

前作の「うつりかわりの家は空家となった古民家の屋根や壁に等間隔に小さな穴が開けられたインスタレーションで、

穴からわずかな光が差し込んで、天気や太陽の動きで見え方が変わる作品。

http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/takamijima/81.html

空家の古民家を舞台に選んだのは、いっぱい空家がある・・・島には20人くらいの方々・・・

そういう環境から高見島を象徴するものだと思ってと言います。

今回の「時のふる家」も外からの自然光を入れる作品で、前回と異なるのは鋭さもあり、

天気や観る時間によって、その自然光も変わってくるのでは?

高見島はホントに優しい方々が多く、景色が美しいので、

10月8日からの秋会期、是非、足を運んでいただきたいです!

http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/takamijima/167.html

 

 

【島島インフォメーション】

高見島を支える さざえ隊の西山一朗さんにお話を伺いました。

 

瀬戸内国際芸術祭のボランティアは「こえび隊」、高見島では瀬戸内国際芸術祭を支える人たちは「さざえ隊」

2013年1月14日結成され、いまは県内の方々50人近くの隊員がいると言います。

花壇作りから始まって、清掃、島のガイドなど期間中毎日活動。

 

海が近くにあり、癒される場所の高見島。

高見島は平均80才、30人いるかいないか?の現状。

その現状の中、島の方々の優しさもあふれ、花壇、茶粥接待、グッズ販売などの準備中。

是非是非、10月8日からの秋会期には癒されに来てください!

 

▼放送内容はこちら