直島探検隊!『建築ツアー』【直島】
長田   2016年6月22日(水)

こんにちは。

島島ラジオ、6月18日の放送では、「直島建築ツアー」をご紹介しました。

 

世界で【アートの島】として大人気の直島ですが、【建築】も注目されています。

直島は周囲およそ16キロ。その小さな中に、日本を代表する建築家の作品がおよそ20もあります。

歴史も古く、最初の作品が作られたのは昭和45年。

ということで、瀬戸内国際芸術祭2016では、直島を【建築】という視点から見た展示

「直島建築+Naoshima Plan」が開催されているのですが

この展覧会に合わせて瀬戸内国際芸術祭春・夏・秋の各期間中に、

主要な建築を巡りながら直島町の歴史も体感できる、【建築ツアー】が行われるんです!

 

ガイドをしてくれるのは、直島町役場の職員の方たち。

というわけで。。今回、特別に直島町役場の「八頭司浩行(やとうじひろゆき)」さんに

ツアーに連れて行ってもらいました!!

IMG_1558_R

春会期でもすぐに満員になったという、人気の「建築ガイドツアー」に行けるなんて!

それではちょっとだけお見せしていきますよ〜。

IMG_1532_R

まず、やって来たのは【直島町役場】/設計したのは【石井和紘】。

安土桃山時代の建築の意匠が採用されたという外観、伝統の残る集落に溶け込んだ名建築の一つです。

 

ここでの見どころは普段は入れない、【議場】と【望楼】。ここは、建築家 石井和紘が最も重きを置いたところでもあります。

IMG_1488_R

では!特別に!!

IMG_1485_R

思わす言葉を失った瞬間。でも圧倒される。。というより、感じたのは【居心地のよさ】。

やさしい空気が流れている、そんな印象を受けました。

そして建築だけでなく、椅子や机などの建具も見どころの一つ。

IMG_1481_R

この椅子は「あぐら」がかけるように、と作られました。うん、座る位置の横幅が広い。

そして傍聴席も。。

IMG_1486_R

椅子ではなく、お座敷のようになっていました。

あぐらをかいて腰を落ちつかせて座り、顔と顔と突き合わせて住民と行政がよりよいまちづくりを考える。

【直島】がたくさんの意味で「大きく、美しく」なったのは、きっとこのような想いも受け継がれてきたからでしょう。

IMG_1515_R

 

それ以外にも完成したばかりの三分一博志さん設計の【直島ホール】に

普段は入れない【直島小学校】・【またべえ】などが特別公開となっているほか

直島保育園・直島幼稚園・直島中学校・直島中学校の体育館と武道館の外観も見てまわります。

この辺りを聞くと。。最近、某CMで「あっ!」と思った方も多いのでは?

直島の風景に溶け込んでいる建築は、ほんとに素晴らしい。

IMG_1554_R

パーソナリティの池田弥生も、直島ホールでくつろぐ、の図です^^

 

『直島建築ツアー』、建築ファンでなくても必見のツアーがなんと料金500円!

行くっきゃないのです!

くわしくは→「『直島建築ツアー』

 

ちなみに

こんなとこ通って

IMG_1496_R

頭上注意も通って

IMG_1503_R

階段も上ります!

IMG_1504_R

その先に待っているのは言葉にならないすばらしい体験!

この機会にぜひ!八頭司さん、ありがとうございました!

IMG_1519_R

▽放送内容はコチラ


小豆島のナンバーワン!になる!【小豆島・土庄“屋形崎”】
長田   2016年6月17日(金)

島島ラジオ、先週6/11の放送でご紹介した小豆島 屋形崎。

IMG_1604_R

息を呑む美しい景色と、人のあたたかさに触れて元気をたくさんもらったのですが

。。。花よりだんご?

美味しいものもたべたーい!!^^

 

そう!あるんです屋形崎!おススメ抜群の。。スイーツ!

それがコチラ!!

IMG_1613_R

小豆島のひかりをたくさん浴びた無農薬のレモンを使った『レモンのロールケーキ』

作ったのは中村奈美さん。

IMG_1622_R

『屋形崎夕陽の丘継承会』副会長の中村清さんの奥さんです。

 

「無農薬のレモン、ってほんまにおいしいんよ。皮も使ってたっぷり入れてるんやけど

【いぐみ】みたいなんはまったく感じんの!その魅力を伝えたくて。」

レモンの酸味をしっかり感じられるクリーム。。。みずみずしくてさわやかで美味しい!

生地はしっとり。やわらかで。。なめらかで。。でも重さもしっかりあって。

いや、美味しさにびっくり。

IMG_1617_R

小豆島の屋形崎でこんな絶品スイーツに出会えるなんて!

奈美さんが一個一個手作りのロールケーキ、素材がいいのはもちろん、奈美さんの努力もすごい。

プロのパティシエに習って何度も何度も作り直したそうです。

こだわってこだわってこだわってできたロールケーキです。

大好きな人にあげたくなる。ロールケーキです。

IMG_1610_R

 

屋形崎のお店で買うなら、この看板が目印!

IMG_1624_R

【土庄町屋形崎甲1372-1】

IMG_1607_R

 

またはインターネット【瀬戸のスイーツウェーブ】で買えます。

IMG_1616_R

無農薬レモンのパウンドケーキ、マーマレードなどもおススメです。

太陽みたいにあったかくて、レモンのようにさわやかな笑顔になれる

そんなケーキです。

 

屋形崎の海を見ながら食べたいなぁ~。

 

瀬戸内国際芸術祭2016と島の魅力をまだまだたくさん、ご紹介する『島島ラジオ』。

今週の放送は『直島』の話題です。

お楽しみに!


小豆島のヒカリとチカラ。【小豆島・土庄“屋形崎”】
長田   2016年6月15日(水)

こんにちは。

島島ラジオ、6月はRNC西日本放送からお届けしています。

 

さてさてみなさん、【小豆島】といえば?何を思い浮かべますか。

綺麗な海に豊かな山。寒霞渓にエンジェルロード、二十四の瞳にオリーブに、お素麺にお醤油に。。とキリが無い!

のが、小豆島!

見どころも美味しいものも満載の小豆島で、島島ラジオ的、いまいちばん行ってもらいたいのが

今回の放送でご紹介した、土庄町の【屋形崎】。

IMG_1596_R

島の北西、小豆島北岸にある【屋形崎】は夕陽の名所でもありますが

近年では、耕作放棄した土地の増加に伴って木々が伸び、海が見えない状態になっていました。

そこで一念発起したのが屋形崎のみなさん。

「小豆島屋形崎夕陽の丘継承会」を立ち上げ、約2.5ヘクタールもの段々畑を再生しようと

取り組んでいます。

IMG_1576_R

お話をお伺いしたのは「夕陽の丘」。この場所も、なんとみなさんのてづくり!

いままでは夕陽は道からしか見ることができなかったから〜って展望台、作ったんです!

IMG_1577_R

しかも手すりも!イスもテーブルまで!

やさしいなあ。

IMG_1579_R

でも、それもこれも、大好きな【屋形崎の夕陽】を見てもらいたいから。

【屋形崎】が、誇りだから。

会長の笠井信吾さんと、副会長の中村 清さん。

お二人とも屋形崎のお話を、凛と、優しい表情で教えてくれました。

 

昨年12月に継承会の皆さんで100本植樹した「あんず」。

早くも今年花を咲かせ、実をつけたそうです。これこれ!

IMG_1595_R

実は「あんず」は小豆島では数多く植えられていた木。

「それは嬉しかったで〜。2、3年はかかると思いよったけど今年!花も実も見れたんやから!」

と、副会長の中村さん。とびっきりの笑顔で教えてくれたけど

こんな人たちに植えてもらって、きっとあんずの木も嬉しかったんだろうな。

 

「美しい風景と豊かな人情を100年後の子孫に遺そう」

IMG_1602_R

 

この場所は、見えない大切なチカラをくれる。

20160415_182304_R

▼放送内容はコチラ