先週に引き続き、春会期の主要会場 坂出市の話題です!
rsk   2016年3月26日(土)

20日(日)瀬戸内国際芸術祭2016の春会期が開幕しました。

34の国・地域から226組のアーティストが参加。春・夏・秋の3シーズン、合計108日のアートの祭典が幕を開けました。

開幕当日の20日、岡山側の玄関口となる宇野港会場では、

高校生や市民らでつくる「玉野SEA達歩(タップ)団」が海や波を表現した軽やかなタップダンスを披露し、

開幕を飾りました。小松アナウンサーも参加しました。美術ファンや家族連れらおよそ3,000人で賑わいました。

IMG_8801

IMG_7249

【島島インタビュー】

先週に引き続き、坂出市の話題です。

瀬戸内国際芸術祭2016に合わせて坂出市で開かれている

「坂出市民美術館 春の芸術祭『不思議な世界』」と「坂出アートプロジェクト」。

春会期の会場のひとつ沙弥島(しゃみじま)と坂出市街地の”回遊”をテーマにしたユニークな企画です。

坂出市民美術館 館長の宮内 章さんと

坂出アートプロジェクト 代表の平野祐一さんをゲストにお迎えして話を聞きました。

IMG_8725

宮内館長は坂出市民美術館で開催中の立体動物の野外彫刻展「ふしぎな動物園」、

平野代表は『人工の地層と人の夢』と名付けた展覧会「坂出アートプロジェクト」の話を

http://www.city.sakaide.lg.jp/soshiki/nigiwai/sakaide-art-project.html

詳しく語ってくださいました。

 

【島島インフォメーション】

●本からうまれる一皿 壺井栄と庚申の夜

3月26日(土)午後4時~ 小豆島坂手地区 坂手港 eiカフェ

http://setouchi-artfest.jp/event/detail66.html

●廣田あつ子×中村恩恵ユニット

カム・トゥ・ザ・オーチャード・イン・スプリング

4月2日(土)午後1時半~、午後3時~(2回公演) 直島・広木池周辺「桜の迷宮」

【料金】前売 1,000円/当日 1,500円(パスポート提示で1,300円)

小中高生 前売・当日ともに800円

http://setouchi-artfest.jp/event/detail9.html

●宇野港「連絡船の街」プロジェクト

世界各地の連絡船の写真を収集し、宇野港が担ってきた役割を再認識し、

あらためて「連絡船の町」として宇野港を特徴づけるというプロジェクト。

第一回「撮り船」フォトコンテストの作品を展示中。

http://archive.city.tamano.lg.jp/renrakusen/

 

▼放送内容はこちら


いよいよ明日開幕!春会期の主要会場「沙弥島(しゃみじま)のある坂出市の綾宏市長にお話しを伺いました。
rsk   2016年3月19日(土)

いよいよ明日、「瀬戸内国際芸術祭2016」が開幕!

公式ガイドブックが発売されました。オンライン書店、全国書店等で。

 

【島島インタビュー】

いよいよ明日「瀬戸内国際芸術祭2016」が開幕します。

今日は、春会期の主要会場「沙弥島(しゃみじま)」のある坂出市市長の綾宏(あや・ひろし)さんに

お話しをお伺いしました。

まずは、「そらあみ」「沙弥島アートプロジェクト」など

現代アートの展開について。

http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/shamijima/

IMG_8329

また、今回の瀬戸内国際芸術祭2016のテーマのひとつ「食」についても。

坂出市は地域との共働をテーマに、地域での自慢の味を提供することにしているとのこと。

沙弥島おでんはもちろんのこと、

たこ飯(与島)、茶粥(岩黒島)、チヌ飯(櫃石島)、鯛飯(瀬居島)、いわゆる島メシの販売、

旧沙弥島小中学校内「えのきCafe」のオープンなど

「食」や「人とのふれあい」や「心の交流」といったアートだけではない沙弥島(しゃみじま)には魅力があり、

是非楽しんでいただきたいと、熱く、熱く語られました。

IMG_3510

明日開幕の瀬戸内国際芸術祭2016。

春会期の主要会場「沙弥島(しゃみじま)」に足をお運びください!

 

【島島インタビュー】

魅力いっぱいの沙弥島(しゃみじま)。春会期中には見逃せないイベントが目白押しです!

●オーストラリアのパフォーミンググループ「スナッフパペッツ」

4月9日(土)午後5時~ ナカンダ浜

【料金】前売 1,000円/当日 1,500円(パスポート提示で1,300円)

小中高生 前売・当日ともに800円

http://setouchi-artfest.jp/event/detail32.html

●市民煎茶グループ曙「~万葉茶会~冷泉家の和歌と文化」

4月10日(日)

冷泉貴実子氏を迎えての講演会 午前10時~11時

茶会 午前11時15分~午後4時

【料金】講演会は無料 茶券300円(パスポート提示で100円)

http://setouchi-artfest.jp/event/detail31.html

●世田谷シルク「野外劇場~星の王子さま~」

4月16日(土)17日(日)午後5時半~

【料金】前売 1,500円/当日2,000円(パスポート提示で1,800円)

小中高生 前売・当日ともに1,000円

http://setouchi-artfest.jp/event/detail30.html

 

▼放送内容はこちら

 


小豆島で制作中の王文志(ワン・ウェンチー)さんを訪ねました!
rsk   2016年3月12日(土)

瀬戸内国際芸術祭2016の作品鑑賞パスポートの前売券は19日までとなっています。

詳しくは瀬戸内国際芸術祭2016HPをチェックしてくださいね!

http://setouchi-artfest.jp/ticket-goods/

 

【島島インタビュー】

リポーター・安井優子さんは自らが船長になり、一生懸命フェリーを運行して小豆島に向かいました!

(冗談です(笑))

DSC_0250

小豆島のど真ん中、中山地区。

日本の棚田百選にも選ばれている「千枚田」のある原風景の中に・・・

DSC_0252

DSC_0253

DSC_0258

直径20メートル、高さ15メートル。

4、000~5,000本の竹で組まれた

台湾の王文志(ワン・ウェンチー)さんの作品「オリーブの夢」。

「小豆島の家」「小豆島の光」に続いて王さん3作品目になります。

DSC_0264

王さんは、中山地区の方々の中に溶け込んでいて、

楽しく、順調に制作をされています。そして、今は最後の仕上げの最中。

「心の声が聞こえる空間」を是非観に来て欲しい、とおっしゃってました。

準備で忙しい中、お邪魔しましたが、とても気さくに応対してくださいました。

ありがとうございました。

公開は3月20日から秋会期終了まで。

http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/shodoshima/

 

【島島インフォメーション】

江戸時代から伝わる、直島の伝統芸能「直島女文楽」。3月20日に公演!

直島女文楽代表・小西シマ子さんから「是非、生の舞台を観に来てくださいね。」とひとこと。

●直島女文楽「春の祝舞(いわいまい)」

3月20日(日祝)午後2時半~ 直島ホール

【料金】前売 1,000円/当日 1,500円(当日パスポート提示で1,300円)

小中高生 前売・当日ともに800円

http://setouchi-artfest.jp/event/detail6.html

 

▼放送内容はこちら