【本島】ものづくりの楽しさを知って欲しい
べっち   2013年9月28日(土)
タグ:, , , , ,

9月28日(土)の「島っていいね」では、

来月5日に秋会期が開幕する「瀬戸内国際芸術祭2013」の舞台の1つ、

香川県丸亀市に属する「本島」の話題をお届けしました。

 

本島は、平安時代から塩飽(しわく)水軍の本拠地として栄えた島であり、

笠島地区には、もともと船大工だった塩飽大工の意匠が残る建物が多く現存しています。

 

本島 笠島地区

 

その本島で今秋、塩飽大工の技術や心意気を後世に残したいという思いで集まったのが

善根湯×版築プロジェクト」の皆さんです。

 

 番組では、プロジェクトの一員である 建築家の齊藤 正さんにお話を伺いました。

 

前列左から2番目が齋藤さん

 

「善根湯?」「版築?」と、聞きなれない言葉がついたプロジェクトですが、

まず、「善根湯」というのは、東日本大震災の後、齊藤さんが発起人となり被災地の方に、仮設ではない本格的なお風呂を

届けるというボランティア・プロジェクトです。

また、「版築」というのは、堅固な土塀をつくるために古来から伝わる技法で、土を使って固める古代のコンクリート。

日本では、法隆寺の塀は「版築」でつくられています。

 

そして、今回、「善根湯×版築プロジェクト」がつくるのが、大きな 大きなサウナです。

 

作業は本島の土を木枠に流し込んでは固めるという単純な作業なのですが、

高さ8Mという大きな建物をつくるためには、大勢のボランティアさんの協力なしにはつくれなかったそう。

 

できあがった この地層には、参加した皆さんの血と汗と思いがギュッとつまっているのでしょうね。

 

 「こんな簡単な方法でも大きな建物をつくることができるということを多くの方に知ってもらい、建築に興味を持ってもらえればと思いますし、これを機に、本島に塩飽大工という素晴らしい技術を持っている人たちがいたということも知ってもらうキッカケにもなって欲しい。」と、齊藤さん。

 

この大きなサウナが建築されている場所から、笠島地区は歩いて移動できる距離にあります。

アート作品の鑑賞はもちろんのこと、島の歴史・文化にもふれ合っていただけたら島の魅力にも気づいていただけるはず。

この秋は、是非、本島を訪れてくださいね。

 


【高見島】瀬戸内国際芸術祭【秋】の舞台裏とは…? その①
しょこたん   2013年9月26日(木)
タグ:, ,

瀬戸内国際芸術祭【秋】の開催まで、いよいよあと2週間を切りました!

春、夏会期に引き続き、今回はどんなアートがお目見えするのか

楽しみにしている方もたくさんいらっしゃるかと思いますconfident

 

そこで、秋会期の限定会場となる、本島・粟島・高見島の三島の

作品制作の様子を少しだけご紹介しちゃいます!

 

第一弾は高見島wink

『除虫菊の家』の制作のお手伝いをしてきましたよhappy02

 

笑顔いっぱいの和やかな雰囲気note

 

かつて除虫菊が盛んに栽培されていた高見島。

開花時期には、山肌が花の色で真っ白になるほどだったと言います。

その風景の美しさに感動し、もう一度現代に再現したいと、

『除虫菊の家プロジェクト』はスタートしました!

 

プロジェクトには、除虫菊畑を作ることはもちろん、作品を展示する家の整備も必要でした。

 

 

今は住む人が居なくなってしまった、しかし立派な家をアトリエに変身させるために、

除虫菊の家プロジェクトのメンバーと さざえ隊が力を合わせて作業を行っています。

 

屋根裏部屋には、家の持ち主のおじいさんが遺したものがたくさん眠っていました。

その一部は除虫菊の家に展示される予定だそうですよwink

昔の高見島の生活を垣間見ることができそうですねconfident

 

そして、こちらが主役の除虫菊shine

真っ白で本当にかわいらしい花ですよねheart04

 

除虫菊は乾燥させた後、花びら・おしべ・がく・種子に分けなければならないのですが、

その作業は人力で行われています。

 

総量約30kgの除虫菊を仕分けするのは本当に大変な作業sweat01

しかし、こうして島内外のサポーターの力を合わせると楽しく行うことができましたhappy01

 

化学物質が流通する前に息づいていた瀬戸内の文化、除虫菊。

その除虫菊を使ってどんなアートが生まれるのか、とても楽しみですねwink 

 

除虫菊の家 制作作業はいよいよラストスパート!

観覧の際には、手仕事の素晴らしさも感じてほしい作品ですconfident


【粟島】アートとともに島の歴史も感じて欲しい
べっち   2013年9月21日(土)
タグ:, , , , ,

9月21日(土)の「島っていいね」では、

「瀬戸内国際芸術祭2013」 秋会期(10/5— 11/4)の舞台の1つである粟島の話題をお届けしました。

 

粟島には、島の有志たちによって明治30年に設立された日本初の船乗り養成学校

「国立粟島海員学校」があったのですが、

昭和62年に廃校となり、現在は、「粟島海洋記念公園」として、

多目的広場、テニスコート、宿泊施設「ル・ポール粟島」などの施設が整備されています。

※粟島 竹内商店様より画像をお借りしました。

 

そして、大正9年に建てられた洋風校舎は、

そのままの形で粟島海洋記念館となっており、粟島の名所の一つとなっています。

 

今回、番組に出演いただいた 香川県丸亀市在住の建築家多田 善昭さんは、

この「国立粟島海員学校」の保存調査や「ル・ポール粟島」の設計をされたということで、

いろいろとお話をお伺いました。

 

『国立粟島海員学校の校舎は、当時の建物の象徴的なデザインとなっており、

これは後々、文化遺産になるに違いないと思い、これを残すことを前提に設計しました。

この海員学校があった場所は、風災害の影響が少ない、粟島でも一等地。

島の方々は、その地を与え、自分たちはその周辺で暮らし、

学校に通う子供たちを自分の家族のように、見守りながら育てたそうです。

建物を見ながら、そんな島の歴史にも思いをはせてもらえればと思います。』と、多田さん。

 

島中が、これからの担い手になる子供たちを育てた歴史のある粟島。

この秋、アートとともに 海の男たちを育てた あたたかい島の方たちに会いに粟島を訪れてみてください。

 

 

ル・ポール粟島 

〒769-1108 香川県三豊市詫間町粟島1418-2 / 電話:0875-84-7878