【島っていいね!】伊吹島 海上タクシー 《06.22 OA》
rsk   2013年6月25日(火)
タグ:, , ,

6月22日 の 島っていいね のコーナーでは、

 

伊吹島 で 海上タクシー を運航している 三好 兼光(みよし・かねみつ)さんに

お話を伺いました。

 

三好兼光 さん 

 

三好さんは、伊吹島研究会 代表世話人 としても活動していて

昨年、島島ラジオスタッフが、三好さんに伊吹島案内をしていただいています。 そのブログは こちら

 

 

 

海上タクシーに使用している 26フィート(およそ7m) の船 定員10名(乗客9名)

 

 

 

伊吹島は、市営定期船しかなく、観光などで島を訪れる人にとって不便だったこともあり
三好さんが3年前、定年退職後に伊吹島では初めてとなる 海上タクシー の運行をはじめました。
 
 
メインは、観音寺港 から 伊吹島 までの運航ですが
要望があれば、瀬戸内海一円でのチャーターも可能とのことです。
 
 
また、伊吹島を船で一周する 伊吹島クルーズ では
三好さんのガイド案内付きで、こちらも人気のようです。
 
 
 
もともと、漁業の島だった伊吹島も
近年の 瀬戸内国際芸術祭 などの影響から、観光にも力を入れ始めると
ちらほらと、島めぐりをする観光客も見え
最近では、海上タクシーの利用者が増えているのだそうです。
 
 
 
6月12日から いりこ漁 もはじまり
「今年は、油の抜けたきれいな 大羽イワシ が獲れていて順調な滑り出し」 と
三好さんは話します。
 
 
 
いりこ漁 に 芸術祭に 話題いっぱいの伊吹島。
三好さんの、海上タクシーも忙しく運航しそうです。
 
 
 
海上タクシーの利用には、予約が必要です。
 
 

 

■ 伊吹島海上タクシー

営業時間/原則 夜明け~日没 夜間は急患のみ対応

予約、問い合わせ/電話 0875-29-2175

※ 船長判断により運行できない場合があります

 

 

利用料金など、詳しくは 伊吹島海上タクシー のホームページをご確認ください。

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 


カタマランヨットでゆったりと渡る瀬戸の島
べっち   2013年6月25日(火)
タグ:, ,

6月も後半となり、

瀬戸内国際芸術祭2013」の夏会期まで一ヶ月を切りました。

 

さて、芸術祭の舞台である 瀬戸内の島々へ渡る方の多くは、

フェリーなどの定期船を利用すると思いますが、この夏、ちょっと違った船旅をしてみてはいかがでしょうか?

 

瀬戸内海及びその島々を中心にヨットを利用したクルーズ体験事業などを企画、運営する会社『風向』では、

カタマランヨットでゆったりと渡る瀬戸の島々とアート観賞を組み合わせた『作品鑑賞クルーズ体験』が楽しめます。

カタマランヨットは海の上を滑るように進むので、安定感抜群!(最大18名まで乗船可能)

 

潮風を体いっぱいに感じながらのクルージングは 最高ですよ!

体いっぱいに受けながらのクルージングは最高です!!

 
「瀬戸内海をゆっくり航海するので、のんびりとした時間の流れをお楽しみ頂けます。

島への行き来も旅の楽しみの一つです。仲の良いお友だち・ご家族でご利用ください。」

と、社長の堀尾 明代さん。

 

芸術祭の夏会期は、7月20日(土)~ 9月1日(日)の開催。

夏休みを利用して芸術祭を訪れる方も多いはず!

この夏、一味違った思い出をつくってみませんか!?

 

「作品鑑賞クルーズ体験」について詳しくは、『風向』のHPをご覧ください。

・風向 HP ⇒ http://www.foucault.co.jp/

 


【島っていいね!】豊島・島キッチンのレシピ本 《06.15 OA》
rsk   2013年6月18日(火)
タグ:, , ,

6月15日(土)の 島っていいね のコーナーでは、

 

島キッチン

 

 

豊島の唐櫃(からと)にある 島キッチン  が出版したレシピ本

「豊島は、たらふく教えてくれる。」 について

島キッチンの店長 藤崎 恵実(ふじさき・めぐみ) さんに伺いました。

 

 

島キッチン は、東京丸ノ内ホテルのシェフ と 豊島のお母さんたち と こえび隊 の皆さんが

協力して営んでいる島のレストラン。

 

 

 

2010年の 瀬戸内国際芸術祭 を機にオープンした 島キッチン も今年で3年を迎え

その3年間で提供してきた、たくさんの料理の中から 40品 のレシピを掲載し一冊の本になりました。

 

お母さんとシェフたちがつくった「島キッチン」40のレシピ

「豊島は、たらふく教えてくれる。」

 

 

藤崎さんは、この本を作った経緯として

「この3年間の活動を、島キッチンに来てくれた方はもちろん

      まだ来たことがない方にも、是非、知ってもらいたい。」 と、話しています。

 

 

レシピでは、丸ノ内ホテルのシェフのアドバイスで作られたものが多くあるなか、

豊島のお母さんたちの家庭で作られている料理も掲載しています。

 

 

例えば、

夏野菜 や 果物 がたくさんとれる豊島ならでは

『豊島トマトの豊島レモンゼリー添え』

剥いた皮をトッピングに使っています。

 

 

そして、

唐櫃浜で獲れた新鮮な鮮魚を、余すところなく使う

『唐櫃浜鮮魚のあら汁』

その日に水揚げされた魚の種類が変わるという

無いものは求めないスタイルも島キッチンならでは。

 

 

さらにさらに、

祭などの行事で人が立ち寄ったときにふるまう

『唐櫃風かきまぜ』という混ぜご飯。

姑から嫁へと代々伝えられてきた、豊島の味。

冷蔵庫にある具材で、あるもので作ります。

 

 

 

「無駄なく使い切る。ゴミを出さない。」

 

 

 

この本を読めば見えてくる

オープン当初からの 島キッチン の理念です。

 

 

 

 

 

自宅にいながら、豊島の味を味わうことができるこの一冊。

是非、買って読んでみてくださいね!

 

 

 

■ お母さんとシェフたちがつくった「島キッチン」40のレシピ 『豊島は、たらふく教えてくれる。』 ■

定価 800円(税込)

購入場所 島キッチン、高松市の物産館 など