【大島】やすらぎと暖かさがあふれる島
しょこたん   2013年2月27日(水)
タグ:, , , ,

サワラ隊 しょこたんです。

 

2013年2月23日のせとトークは、ひとりの女の子にスポットを当てました。

 

彼女は渡辺 千晶(わたなべ ちあき)さん。

奈良女子大学の四回生です。

四回生に上がったときに待ち構えているものいえば…、そうです、卒業論文!

渡辺さんは卒業論文のテーマを【大島】に決め、大島に出向きました。

 

高松市庵治町沖に浮かぶ大島は、

島全体がハンセン病回復者さんたちの療養施設『大島青松園』として使用されているため、

大島の一般公開日は毎月第二土・日曜日だけと決められています。

 

渡辺さんは夏ごろから大島青松園に許可を得て卒論のためのフィールドワークを始めたのですが、

なんと半年の間、一般公開日には欠かさず大島を訪れていたのだそうです!!!

 

そもそもなぜ、奈良から遠く離れた大島を卒論のテーマに選んだのかというと、

渡辺さんのご実家は大島と同じ高松市庵治町。

小中学校のときに訪れたことのある大島は、今どうなっているのか気になりました。

そこで実際に訪れてみると、カフェやギャラリーができていたり、

若い人が楽しそうにくつろいでいる姿を見て、昔とは違う大島の姿に衝撃を受けたそうです。

 

大島を訪れる人にアンケートを取ってみると、

『だんだん【帰ってくる】という感覚になる』

『大島にもう一人おじいちゃんができたみたい』 という回答が!

多くの人が何度も大島を訪れていることや、

大島に癒しや安らぎを求めてやってくる人が多いことが分かったのです。

 

渡辺さんも、ワークショップや人とのつながりを経験していくうちに、

大島にもうひとつ居場所ができたような気持ちが生まれたと言います。

 

また、卒論の発表を聞いたお友達が大島を訪れ、

瀬戸内国際芸術祭サポーター『こえび隊』に参加したという嬉しいニュースも!

試行錯誤して書き上げた甲斐がありました。

 

大島を楽しむには、やっぱり【話してみる】ことが一番!

大島内外を問わず、年齢も出身も職業もさまざまな人たちが、

またひとり、大島でつながっています。


【男木島】新しいお土産が、発売されました☆
べっち   2013年2月23日(土)
タグ:, , , ,

ハマチ隊 べっちです。

 

『男木島の新しいお土産できたから、取材においでや~。』と、

男木島自治会 会長の木場さんから連絡をもらいました。

早速「めおん」に乗り、男木島へ!

 

 新しいお土産は、港を降りてすぐの所にある『男木島交流館』で販売中です。

 

うわー! カワイイ♪

男木島をモチーフにしたグッズがたーくさん☆★☆

 

☆缶バッチ (200円)

 

「おんば」「男木島灯台」「たこ」「めおん」・・・・ なんと15種類あるんですって!

何個も買いたくなる カワイサです♪

 

☆てぬぐい (800円) 全3種類

ちなみに、この男木島灯台のてぬぐい。

描いたのは、島島ラジオにも出演して下さった、灯台を管理している谷川きよしさんです。

雄大な夕焼けが素敵ですよね。

 

☆エコバック (300円)

 

バッグにつけているバッヂは別売りですが、

左下に押してある カワイイ★ハンコは、自由に押すことができます。

島を巡っていると、お土産を買ったり パンフレットを持ち帰ったりするので、エコバックがあると便利です。

しかも、自分だけのオリジナルバックだ思うと、テンション高く島旅が楽しめますよね。

 

さらに、、、、

オリジナルのTシャツも近日販売開始ということなので、こちらもお楽しみに!

 

木場さんの自信作の このカワイイ☆グッズたちは、男木島でしか買えません。

特に、缶バッチは売り切れ必至なので欲しい方は、男木島にGOー!!!!

 

 


【小豆島】イギリス紳士から見た小豆島とは
べっち   2013年2月23日(土)
タグ:, , , , ,

ハマチ隊 ベッチです。

 

2月23日(土)の「島自慢」は、

小豆島で高校の英語教師をしている、イギリス人のモーガン・ベバンさんに、

島での暮らしについてお話を伺いました。

 

モーガンさんが小豆島に来たのは昨年の春。

自身初めての海外経験が小豆島という事で、驚きも多かったそうです。

 

特に驚いたのは、

『みんな いつも れいしてる。くるまに のってても じてんしゃでも れいしてくれる。』

確かに、日本人はどんな時も、ついつい“礼”していますよね。

外国の人から見ると、いつもお辞儀しているように見えるんでしょうね、きっと。

 

日本食はなんでも食べられるモーガンさん、(納豆もOK!)ですが、

一番のお気に入りは“そうめん”!!

昨年の夏、中山地区でそうめん流しを体験してから大好きになったそうです。

 

放送後の昼食風景。

そうめんではありませんが、

カレーうどんを、お箸を上手に使いながら、ズルズルと食べていましたよ!happy02

 

小さい頃から 絵を描くのが好きだったモーガンさんは、

時間があると、島を散策しながら風景画を描いているそうで、こんな絵を見せてくれました。

 

春の中山地区  棚田                    エンジェルロード

 

一番のお気に入りは、四海地区の小さな砂浜。 暮れゆく感じを繊細に描いています。

どの絵もステキですよねえ。

 

「小豆島は一年を通して綺麗な島なので、すごく気に入っています。

画を描く場所までは、車を使うと せっかくのキラキラした景色を見逃してしまうので、

風を感じながらゆっくり歩いて探しているんですよ。」と、モーガンさん。

 

言葉のはしばしから、小豆島への愛情が伝わってきます。

 

モーガンさん、これからも島の先生として頑張ってください。

そして、小豆島の良い所をたくさんみつけてくださいね。