【高松・男木島】島を感じるカレーはいかが?
あゆ   2012年11月30日(金)
タグ:, , , , , ,

サワラ隊 あゆです☆

 

街を歩いていると、気になる看板を発見!

男木島グリーンカレー???

男木島とカレーにどんな関係があるのでしょうか?

 

ここは、『手造りオリジナルカレーの店 Cafe de Sentier(カフェ・ド・サンティエ)』。

実は、こちらのママさんのご実家が男木島。

そして、そのご実家の畑にマスターが毎週末通って、色んな作物を栽培しているんだそうですsun

せっかくある畑を荒れさせてはもったいない!という気持ちから男木島通いを始めたそうですが、

そこで栽培したものをカレーに生かしてみてはどうだろう?と生まれたのが、

新しくお店の看板メニューになった、『男木島グリーンカレー』なんですrestaurant

マスターが男木島の畑で育てた、立派な青唐辛子がたっぷり使われており、

グリーンカレー独特のまろやかさの後から、ピリッとした辛みが追いかけてきます。

じっくり煮込まれた鶏肉もほろほろ‥lovely

 

しょこたんがいただいた、あさりとお豆のカレーもとってもおいしそうdelicious

今年はうまく栽培できなかったそうですが、

来年こそは男木島で育てた豆で豆カレーを提供したい!と意気込んでいました。

 

来年3月からスタートする瀬戸内国際芸術祭2013へ向けても、

何か新しい取組みが出来ればなぁ‥と思いを巡らせているところだそう。

これからますますカフェ・ド・サンティエから、目が離せません!

 

好奇心旺盛で、男木島の良さをもっと知ってほしいというアツいマスターと

その隣でやさしい顔でほほえむママさん、そしてスパイスの効いたおいっしいカレーrestaurantpig

男木島の良さを、街の中で感じられる素敵な場所ですよ!

 

手造りオリジナルカレーの店 Cafe de Sentier(カフェ・ド・サンティエ)

住所:高松市内町1-1

電話番号:087-851-0884

営業時間:月~金 8:00~18:00

       土・祝 11:00~17:00


12月から冬季ダイヤに変わる航路があります。
あゆ   2012年11月30日(金)
タグ:, , , , , , ,

サワラ隊 あゆです。

 

2012年12月1日(土)~2013年2月末日までの期間、

冬季ダイヤに変更になる航路があります。

 

 直島(宮浦)~豊島(家浦)~犬島を結ぶ高速船

12月1日()~2月末日まで、船の運航曜日が変更になります。

運行日:月曜・金曜・土曜・日曜・祝日

便数や時間の変更はありません。

詳しくは、四国汽船 087-821-5100 までお問い合わせください。

 

◆高松~直島(本村)~豊島を結ぶ高速船

それぞれ1便ずつ減り、

月・火・水・木は一日3便。 金・土・日・祝は一日4便に変更。

詳しくは、豊島フェリー 087-851-4491 までお問い合わせください。

 

 これに伴い、豊島・犬島のベネッセ各アート施設の休館日が変更になります。

 

【犬島】・・・家プロジェクト

作品展示入替のため、2012年12月1日(土)~2013年2月21日(木)まで休館


【犬島】・・・「精錬所」

【豊島】・・・「豊島美術館」 「心臓音のアーカイブ」

12月1日〜来年の2月末の間、火曜~木曜は祝日以外閉館となります。

※開館日:月曜・金曜・土曜・日曜・祝日

 

地中美術館をはじめとした、直島のベネッセアート施設は通常通り開館しています。

詳しい開館日はベネッセアートサイト直島でご確認の上、お出かけください。

 

その他のアクセス方法

◆直島行き

高松⇔直島(宮浦)、宇野⇔直島(宮浦) 間のフェリーは通常通り運行。

詳しくは四国汽船 087-821-5100 へ

 

◆豊島行き

宇野⇔豊島⇔小豆島(土庄) 間のフェリーは通常通り運行。

 詳しくは小豆島フェリー 0879-62-1348 へ

 

◆犬島行き

宝伝港⇔犬島 通常通り運行。

詳しくはあけぼの丸 086-947-0912 へ


瀬戸内生活工芸祭2012 玉藻公園・作家編
カナ   2012年11月29日(木)
タグ:, , , , , ,

ハマチ隊 カナです。

 

11月17日の放送の『せとトーク』でご紹介した『瀬戸内生活工芸祭 2012』

会場となった玉藻公園には、招待作家のインスタレーション作品の展示(詳しくはこちらのブログを)のほか、

全国から応募のあった429人の中から選ばれた87人の作家の作品が集まりました。

出展した作家さんたちはそれぞれにブースを構えて作品を展示。さらに販売も行われたんです!

いわゆる”1点もの”のレアなお気に入りが手に入るチャンス!というわけで、かなりの大興奮。くまなく見て廻りました!

 

 

 

いやいやいや・・見ているだけでほんっっと楽しい・・。

 

中には、地元香川県出身の作家さんも!

 

聞いてみると、小豆島でアクセサリーを作っている『平井 千晶』さん。

こんなところでも『島』発見!【オリーブ】の葉と実がモチーフなんですって。。素敵。

 

でも、なによりうれしかったのは、作家さんたちと直接お話しができたこと。

 

自分が気にいった作品を作った人に、作品の説明してもらったりお話ししたりすると、

その人その人が持っている『ものづくりへの想い』が伝わってきます。

「ほんとに出会えてよかったな~」と、作品にも特別な愛情が湧いてきます。

 

瀬戸内生活工芸祭 実行委員会代表の 三井文博(みいふみひろ)さんが、島島ラジオ出演の時に、ふとおっしゃた一言。

『作家さんたちが【島】にアトリエなんかを構えてくれれば・・・うれしいなと思うんですね』

 

ほんとに、そんなムーブメントが起きてくるといいですね!

瀬戸内生活工芸祭』と『島』とが、これからもっともっと繋がるのを、楽しみにしたいと思います!!

 

 

☆おまけ☆

今回の私の【おきにいり】たち!

 

なんだかバラバラ(笑)ですが、ぜんぶ宝物。

大事に使いたいと思います。