【豊島】島での子育てとは。
べっち   2012年9月29日(土)
タグ:, , ,

ハマチ隊 べっちです。

9月29日(土)「せとトーク」は、

豊島出身・在住の向谷由美さんに「島での子育て」についてお電話インタビュー!

 

豊島は、大きく分けると、

家浦(いえうら)・唐櫃(からと)・甲生(こう)という3地区に分かれており、

向谷さんは、甲生地区で暮らしています。

 

その甲生地区に、“17年ぶり”に生まれたのが、向谷家の愛息子・・・彩翔(あやと)くん2歳です。

17年ぶりの赤ちゃん誕生ということで、地区の方々の喜びは大きく、

自分の孫のようにかわいがってくれるそうです。

 

そりゃ、この愛らしさ ほっとけません!!  カワイイー! heart04

※去年の秋祭りの写真です。タキシードもハッピもお似合いです!!

 

 

「島で子供を育てるのって大変じゃないですか?」と、伺うと

「確かに不便なこともありますよ。

赤ちゃん用品は島では売っていないので、高松や宇野へ定期的に買いに行きます。

それから、島の人、みなさんそうだと思いますが、突発的な病気や怪我が不安。

島にも診療所がありますが、深夜とかは対応してもらえなので、救急艇に乗って

高松の病院まで行ったこともあります。」

「でも、オムツなどはインターネットで購入することもできますし、

急病の時も、救急艇なら高松まで30分程度だし。

それよりも、自分が生まれ育った この自然豊かな島で育てたいと思って・・・。

子育てに悩んだも、地域のおばちゃん達が いろいろアドバイスしてくださいますし。」

 

なるほど。経験豊かな人生の先輩の助言がもらえるのは力強いですし、

なにより、自然豊かな島で獲れる野菜やお米を食べて、すくすく元気に育っている

彩翔君の姿を見ていると、島で育てようと思ったお母さんのお気持ち、分かります。

(そうそう、生放送中も元気な声が電話口から届いておりました。)

 

さて、彩翔君の遊び場は裏の畑。

バッタやカエルをみつけて遊んだり、畑仕事をしているおばあちゃんたちにお接待したり。。。人気者です♪

 

豊島の人口は、1,000人余り。

人口比率は、高齢者(65歳以上)の比率が40%を超え、10代は10%を切っており、

少子・高齢化問題は深刻です。※香川県統計調査課調べ(平成24年8月1日現在)

 

すぐには、問題を解決することはできないですが、

向谷さんのように、島で子供を育てたいという人が増えることによって、

一歩ずつでも変わって行くのではないでしょうか?


【直島】に伝わる民話『そうめん川』
カナ   2012年9月28日(金)
タグ:, , ,

 

今年の夏、『島島ラジオ』初の『公開収録』もやらせていただいた、

なおしま!!

【保元の乱】で敗れ、都を追われた崇徳上皇が立ち寄った際に、島民の純真無垢さを称賛して

『【すなお】なしま』→「直島」と命名したと言われている島。。

そう【直島】は、『アートの聖地』であるとともに、『歴史』や『伝説』『民話』なども多く残る島なんです。

 

数ある民話の中から『島島ラジオ』では、7月7日が『そうめんの日』ということで・・

放送に合わせてパーソナリティ・スタッフ全員で『そうめん川』のお話を朗読して放送しました!

これが・・なかなかの迷演技?!(名ではなく・・)

 

聞いたことない!という方はぜひ。お聞きいただいた方はもう一度!

風が少し冷たく感じるようになったこの季節に聞くと・・・ちょっと背筋が寒くなる・・・かも?

 

『そうめん川』・・お聞きください。。

 soumen_kawa(MP3ファイル)

 ※ご利用のPC環境によっては、再生できない場合もございます。予めご了承ください。

本村地区から積浦地区までの山道には・・・そうめん川の名残がありますよ。。


【本島】小さい秋、見ぃつけた♪
しょこたん   2012年9月28日(金)
タグ:, , ,

サワラ隊 しょこたんです!

日に日に秋の色が濃くなっている今日この頃、本島で小さな秋を見つけてきましたよ♪

 

まずは島旅には欠かせない(と私は思っているのです…)このアイテム!

本島港を降りてすぐのところにあるレンタサイクルポートで自転車をお借りしました。

(レンタル料:1日500円。ただし18時までに返却のこと)

 

今回は本島港から甲生地区を抜け、笠島地区までサイクリング!

甲生地区では、すすきの横に稲がすくすくと育っていました。

おいしそうなお米、収穫の時期が楽しみですね♪

 

むむっ?これは…!

そうです、女性の味方、いちじくがたっくさん!

いちじくは8月中旬から10月末までが旬の果物。不老長寿の果物とも呼ばれているそうですよ!

 

 

笠島地区ではさらにたくさんの秋に出会うことができました。

左の写真は秋の七草のひとつである萩。紫の小さな花がとってもかわいいですよねー!

秋の七草は食べられる春の七草とは違い、見て楽しむもの。

隣の木に一つだけなった柿と一緒に眺めると、より『日本の秋』を感じることができました。

 

山道には銀杏やどんぐり。

今は青々とした葉っぱがこれからどんな風に色づくのか楽しみです!

 

夏の暑い日には日陰に逃げ込んでいた猫たちも日向ぼっこをする季節になりました。

 

あっという間に時は過ぎ、『ほんじま丸』に乗り込むとあっという間に夕暮れ…。

こんな景色を見ることができるのも島旅の特権!

秋の島も魅了いっぱいですよ♪

まだまだ虫は多いので、島にお越しの際は虫よけ対策をお忘れなく!